【将来予想】なぜRipple(リップル)は時価総額100兆円まで到達するのか

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【将来予想】なぜRipple(リップル)は時価総額100兆円まで到達するのか

銀行や金融機関の選択通貨であるリップル(Rippleは、数ヶ月の間に強くなっています。 12月の初めに0.25ドルから上昇し、XRPは3.80倍に達し、1400%増加しました。 リップルの時価総額は約600億米ドルに達していますが、リップルは市場シェアで2位を獲得し、ビットコインのトップの座への対抗馬として登場しました。昨年はリップルの上昇による幕開けでした。

XRPの採用は進んでおり、2018年を通じて指数関数的に増加していくための条件が整ってきています。リップルが1兆ドルの時価総額になる理由はいくつかあります。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ビットコインの停滞/リップルの上昇

MITは、市場でのビットコインの衰退の支配(以前は約55%、現在は30%台まで落ち込んでいる)を報告した最初の機関の1つであり、オルトコインの増加と関心の高まりに伴い、BTCのシェアは今後数年間減少するでしょう。

イーサリアムはこれまで、時価総額(現在1,100億米ドル、または市場シェアの18%)を築いている点において、その次のポストを獲得しています。

リップルも12月以降上昇しており、時価総額の4%から9%を上回るまでに成長しています。

2018年のリップルの目標の1つが、時価総額が2番目に高いETH(イーサリアム)を抜くという報告がありました。

しかし、MoneyGramがその通貨を支持したように、XRPが金融サービス業界で現在の採用率を維持している場合、リップルがビットコインを追い越すことは想像にかたくないでしょう。

仮想通貨の潮流

仮想通貨の市場全体は、2017年の初めの170億ドルから、2018年の初頭には830億ドルの最高値まで上昇しました。

この時点では、完全な崩壊がなければ、2018年上半期に時価総額は1兆ドルに達していたでしょう。

これから、市場は1年前に予測された方向に向かう可能性があります。

ビットコインは、真のデジタル分散型通貨の利益と興奮の両方の観点から、仮想通貨の旗手といえます。

しかし、ビットコインは、具体的には現実世界のニーズをターゲットとしている他の通貨(BTCの設立者に敬意を表すオルトコイン)の台頭にも対抗しなければならない。

リップルは、150兆ドルの市場を構成する銀行間取引を行うためのより安価で効率的な方法として位置付けられています。

リップルはビットコインよりもさらに大きな市場を狙っており、準備通貨の代用品となる可能性があります。

ビットコインは、Core(ビットコインコア)、Cash(ビットコインキャッシュ)、またはいくつかのハードフォークの形態であろうと、常に仮想通貨の富を集中的に保持します。

それは強力なメディアイメージ、魅力的な推測、そして、革命的な政治的、経済的理想を組み合わせることで生まれる有効性から利益を得ます。

リップルは銀行を追いかけている

しかし、リップルは銀行を追いかけています。

さらに、XRPは銀行間取引以外でも成長する方法を模索しています。グローバル市場におけるオープンソースの分散化された通貨が直接的に利点を得ることを見ています。

つまり、ニーズに合わせた調整が可能です。 Amazonは明日にもXRPをビットコインやライトコインに対して固有の仮想通貨として採用することを決定する可能性があります。

Facebookも同じことをする可能性があります。またはTwitter、またはデジタル商取引を導入する可能性のある他のプラットフォームもそうです。

より多くのヘッジファンドがマイケル・アーリントンに追随して、流動性があり、迅速で安価な投資手段を作り、リップルを暗号通信のための「安全な」通貨というイメージを与えるでしょう。

それからもちろん、XRPはエンドユーザが作り上げる商取引です。

現在、リップルには550億ドルが残っていますが、すべてが機関投資家のものではありません。

エンドユーザーは、銀行、ヘッジファンド、商業センターのようにXRPでユーティリティを作成する可能性があります。

中小企業経営者、インターネット起業家、実際に誰かが取引プロセスに関与している人は、支払いの一形態としてXRPを採用することができます。

リップルは、取引のスピードが速く、手数料が低い限り、他の支払い方法に代わる正当な方法です。

先進国の顧客は、クレジットカードやデビットカードが普及しているときにXRPで支払意をする価値を見出せないかもしれませんが、世界中には安価で便利なデジタル通貨を手に入れることで、利益を得ることができる人々がいます。

リップルが銀行業界をターゲットにしているからといって、個人取引の手段としてXRPが使用されるということはありません。商取引は市場が作り出すものであり、交換の媒体はただの実利的なソリューションに過ぎません。安定した通貨とともに、XRPがスピード、セキュリティ、そしてわずかな手数料を提供する場合、その可能性はその想像しだいでしょう。

MoneyGram、Western Union、Domino-Effect採用

リップルのCEO、Brad Garlinghouse(ブラッド・ゲーリーハウス)は、世界のトップ5の送金会社のうち3社がXRPでパイロットプログラムを開始すると発表しました。

この発表は、MoneyGramのパートナーシップ以前のものであり、残りの2社もパートナーシップを発表すると思われます。

また、ウェスタン・ユニオンはお気に入りとして位置付けられているが、これらのパートナーシップの真価は、彼らがさらに採用する際に生み出すドミノ効果である。

ゴールドマン・サックスやJPモルガンのような大手銀行を含む金融サービス業界は、市場で次の時代の優位性を見いだして事業を展開しています。

お金の世界で停滞は死と同義です。 2000年代には、HFT(高頻度取引)の台頭により、従来の株式ブローカーが恥をかいていました。

リップルはただの小さなつまづきと比べるまでもありません。これは、世界中のどこからでも、安全で迅速かつ本質的に無料の取引を提供します(Cuallixによって最近検証された請求では)。

これらの企業はリップルを採用することで何を失うのでしょうか?

市場はすでに、送金会社の株価上昇を持ってXRPの導入に応えています。

MoneyGramの発表はパイロットプログラムです。 XRPが期待どおりに機能しない場合、従来の方法で続行することも、別の会社(SWIFT)がより競争力のある技術を生み出すことも期待できます。

しかし、MoneyGram、Western Unionなどの送金会社がXRPを完全に採用すれば、さらに大規模なプレーヤーがサイドラインで待っていると確信することができます。

銀行業界においても、より広範囲での導入は、より多くの目にさらされ、投資家の間でのより大きな関心を呼び、Amazonやウォルマートなどの商業巨人のような他のXRP使用事例へピボットする可能性をもたらすでしょう。

XRPの流動性を高めるために金融業界にリリース

覚えておいてください、550億のXRPがエスクロー口座に保管され、そのほとんどはXRPの流動性を高めるために金融業界にリリースされます。

それは必ずしも現在の投資家が喜ぶ方法、リップルの価格を上昇させる助けになるとは限らないが、今後4年間に、市場がXRPで氾濫してしまうことを防ぐ役目があります。

このように見ることもできます。現在の流通中の450億のXRPは、他の通貨と同様に交換して取引できる、投資家に属しているものです。

残りは、おそらく大企業のためのもので、市場に売り出されることのないものです。ウェスタンユニオンが支払い転送のためにXRPを採用する場合、彼らはリップルを交換所の一般の人に販売しません。

彼らは流動性のためにコインを保持する必要があり、お金を移転するユーザーが世界中で資金を移動する手段としてXRPを売買する場所として、潜在的な市場を作り出す可能性が高い。

MoneyGramのような企業によるXRPの採用が、その価格にすぐに影響するわけではありませんが、リップルがデジタル世界のユビキタスな通貨、資産、テクノロジーになるという正のコンディションを作り出しています。

XRPの新しい使い方

「すべての人は、世界の限界に対する自分の視野の限界を守っています。」 – アーサー・ショーペンハウアー

採用は、新たな採用形態につながる露出を作り出します。 リップルは、銀行間転送の技術と欠陥を改善するように設計されています。

短期間では、国境を越えた取引、1億ドルのヘッジファンド、送金会社にはXRPが採用されています。それでは大きな質問があります。

「次にくるのは何でしょうか?」

仮想通貨がデジタル世界で永続的に機能するようになると、それは未知の方法で使用されていく可能性が高いです。

インターネットを考えてみましょう。

電子メールを送信するのに苦労していた1998年の人は、今日のような普及を想像することはできませんでした。仮想通貨も同じようなものです。実際にそうでなければなりません。

分権主義とブロックチェーンという大きな特徴にもかかわらず、単なる通貨として停滞した場合、仮想通貨はあいまいなものになってしまうか、世界のほとんどが無視しするようなニッチなツールになります。

リップルは、指数関数的に適用しなければならないようなチェックリストにチェックをしてします。

10秒以下のトランザクション速度、ほとんど存在しない料金、流動性を保ち市場に供給する、コインの低価格。私たちは、AmazonによるXRPの最終的な支持を期待しています。

Amazonは、ユースケース(やはり別の通貨機能)で革命的な一歩を踏み出すわけではないが、XRPの本来の意図を大きく逸脱するような存在であって欲しいと思っています。

どちらが良いのでしょうか。

これらの分散型オープンソース通貨の美しさは、ユーザーベースに自由を与えます。誰でもXRPの強みを活かした事業を開始したり、市場がまだ想像しえない斬新な事業を見つけることができます。

銀行や金融の世界では、より確立したXRPが登場すればするほど、他の影響の範囲からより多くの関心を引くことができます。

慈善団体や寄付にXRPのような通貨を使う意味を考えてみましょう。

ソーシャルメディアのティッピング機能として。 無数のユースケースは想像されるだけ存在し、一般の人々が注目するにつれ、成長し続けるでしょう。 時価総額が6000億ドルであっても、仮想通貨はニッチな成長分野です。

リップルがトップ通貨としてのその地位を維持し続けることができれば、価格と市場シェアは爆発的に増加するでしょう。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

参照元

https://www.theindependentrepublic.com/2018/01/21/ripple-xrp-trillion-dollar-market-cap/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう