マイロソフト・Hyperledgerブロックチェーン技術を元にしたデジタルIDで先駆者ID2020 Allianceに参加

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

マイロソフト・Hyperledgerブロックチェーン技術を元にしたデジタルIDで先駆者ID2020 Allianceに参加

テック企業大手のマイクロソフトとブロックチェーン技術で提携をしているHyperledger(ブロックチェーン技術の推進コミュニティー)の両者は、ブロックチェーン技術をもとにしたデジタルアイデンティティの先駆者であるID2020 Allianceに参加しました。

昨日スイスのダボスで開催された世界経済フォーラムで、国際人道支援を行うNGOのMercy Corps(マーシーコー)とU.N. International Computing Centerによる団体は、デジタルアイデンティティの提供を通じて人々の生活を改善することを目指しています。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

人身売買のようなより深刻な問題を引き起こす

プレスリリースによると、この団体はブロックチェーン技術を使用してユーザーの直接的な所有権と個人データの管理に焦点を当て、そのソリューションを開発しています。

問題となっているのは、11億人を超える人々が自分のアイデンティティを証明できず、手当やサービスを利用することができないということです。

この状況は、世界銀行によると、人身売買のようなより深刻な問題を引き起こすのです。

彼らは、マイクロソフトから100万ドルの寄付を受けたほか、アクセンチュアやロックフェラー財団などの団体から寄付を受けています。

昨年のニューヨークで開催されたID2020 Allianceサミットでは、この取り組みの創設メンバーであるアクセンチュアが、100万ドルの投資を発表しました。

アクセンチュアのグローバルブロックチェーン推進役のDavid Treat(デビット・トリート)は次のように述べています。

「分散型、ユーザーが制御できるデジタルアイデンティティは、難民や社会的弱者のような人々の経済活動を行う機会を広げる可能性を秘めており、サイバースペースを安全かつ非公開に通過しようとした時の人々の生活を向上させます。」

この発表では、ユーザーが所有するデジタルIDは政府発行の法的身分証明書を含み、人々や機関のためのシームレスな認証プロセスを可能にすると説明されています。

ID2020 Allianceのエグゼクティブディレクターであるダコタグルーナー(Dakota Gruener)は、

「私たちは、この挑戦を大規模に対処するために、国家と制度の境界線を越えて活動することを約束したパートナーのためのエコシステムを構築しています。」

と述べました。

昨年6月、マイクロソフトとアクセンチュアは、ID2020のブロックチェーンのプロトタイプを発表しました。

これは、イーサリアムブロックチェーンのプライベート版で作られています。

参考元

https://www.coindesk.com/microsoft-hyperledger-un-join-blockchain-identity-initiative/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう