TRON(トロン)最初のベータ版「Exodus」を3月31日にローンチ

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

TRON(トロン)最初のベータ版「Exodus」を3月31日にローンチ

1月24日にTRONは、公式ブログでプロジェクト開発状況を公開し、TRONのメインネットワーク機能の設定が完了し、3月31日にローンチすることを正式の発表しました。

この発表は、2017年12月29日のソース公開後で、2番目の重要なアップグレードになっています。

※上記通貨を購入するには、「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

コア機能

①UTXOベースのトレードモデルでは、トランザクション履歴を公的元帳を通して、透過性を持って追跡することができます。 UTXOは、同時処理機能を起動させることで、ネットワークパフォーマンスを向上させることが可能です。UTXO技術に基づいた抽象化により、現実世界のアプリケーションに合致したトランザクションアカウントの概念を作成します。

UTXOとは

UTXOとは、「Unspent Transaction Output」の略で、日本語では「未使用トランザクションアウトプット」などと呼ばれています。これは簡潔に言えば、通帳のようにアカウントの残高をそのままデータとして管理・記録するのではなく、取引データのみに基いて残高を計算して求める方法です。

ブロックチェーンの取引データをひとつなぎにする仕組み「UTXO」

②ブロック速度・遅延に応じてトランザクションの調整を行うPoSベースのTBFTコンセンサスメカニズムを採用することで、毎秒1,000トランザクションを達成します。

③超低価格の手数料をサポートします。(1送金毎に10e-6TRX=0.000 001TRX)

④スマートコントラクトバイトコードの為の安全な実行環境の為、TRON仮想マシン(TVM)を提供します。 TVMには、軽量、高速ロード、リソース分離、高いスケーラビリティなどの利点があります。

⑤ Javaなどのプログラミング言語で書かれたスマートコントラクトをサポートします。 TRONコンパイラでTVMバイトコードにコンパイルすることで、高い実行パフォーマンスを実現します。

⑥コモンABCI(Application BlockChain Interface)に、 コンセンサスエンジンとブロックチェーンステートマシンの疎結合アーキテクチャを提供します。

⑦分散ネットワーク管理および監視ユーティリティを提供します。 TRONの運用とパフォーマンスを視覚化することで状況や潜在的なリスクを容易に追跡することが可能です。

ジャスティン・サン氏「音楽ストリーミングサービス『Peiwo』最初の統合が完了」したと発表

また、119日世界的無料コンテンツシステムプラットフォーム構築を目指す暗号通貨TRON(トロン・通貨単位TRX)創業者のジャスティン・サンが、1000万人以上のユーザーをもつ音楽ストリーミングサービス『Peiwo』のTRX統合計画を発表しましたが、1月21日に最初の統合が完了したことを公式発表しました。

「TRONとPeiwoアプリの最初のステージの統合が完了しました。今からみなさんはTRXをウォレットに預金できるようになります!無料ダウンロードをして、試してみてください」(公式ツイッターより)

TRONニュース一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう