リップル(XRP)が金融機関と連携へ/3つの戦略を発表

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

リップル(XRP)が金融機関と連携へ/3つの戦略を発表

ビットコインの純粋主義者が説くであろうことにもかかわらず、私たちが旅の早い段階で分かったことは、金融機関は敵ではないということです。

お金はほとんどの場合建設的な目的のために使用される強力なツールですが、有害な犯罪行為に使用することができます。建設的な発展を推奨し、犯罪行為を防止するために、政府は支払いを規制しています。

金融機関は、決済業務を法的に運営するためのシステムとチームを構築しています。

彼らは決済業務の専門家です。

そして、金融機関がなくなる未来はありえません。

初期段階から、リップルは金融機関と提携して支払いインフラを再構築するアプローチをとってきました。つまり、彼らは私たちの顧客です。

私たちが「金融機関」と言うときは、単に銀行を意味するものではありません。重要なのは、私たちの顧客は銀行、そして多くの種類の決済プロバイダ(送金オペレータ、決済ネットワーク、モバイルウォレットなど)です

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

金融機関との連携のためにクリアすべき3つの課題

金融機関と提携し、国際決済基盤を法令を守りながら再構築することは困難が伴います。それには時間がかかります。

私たちが解決しようとしているような、大きくて複雑でインパクトのある問題を解決する、それを正しい方法で実行することが時間を投下する価値のあることなのです!

金融機関と提携のため、国際支払いにおいて3つの根本的な問題を抱えています。

  • スピードと確実性
  • 流動性管理
  • 接続の標準化

私たちはこれら3つの問題を同時に解決しようとしています。

戦略1:xCurrentでスピードと確実性を解決する

現在、国際支払いは遅く、不透明で信頼性が低いのです。そのほとんどは、金融機関同士が、お互いの支払いに関する情報を簡単に伝えることができないためです。

xCurrentは、金融機関により、支払い処理基盤のコアの一部としてインストールされ、金融機関がお互いの支払い情報をリアルタイムで通信し、即座に支払いを決済できるようにします。 xCurrentはソリューションにXRPを使用しません。

次に、XRPがどのようにしてこのエコシステムに適応するかについて説明します。

xCurrentを2015年後半に発表し、2016年初頭にエンタープライズに対応したバージョンをリリースしました。

これは、当社の製品群の中で最も成熟したものとして、銀行や決済プロバイダ全体で最も普及しています。 xCurrentを商業的に使用することを真剣に考えている顧客にのみ提供をします。イノベーションラボでは、概念実証や科学実験のために時間を無駄に費やしません。

顧客は、ほとんどの場合、xCurrentを商用展開する前に、実際の資金を使用してソフトウェアをテストするため、パイロット版を開始します。商業的展開とは、金融機関がxCurrentを通じて顧客の支払いを処理することを意味します。

ある顧客は、xCurrentが金融機関の支払い処理基盤のコア部分と直接統合されるため、この実行過程を「飛行中のジェットエンジンを交換すること」と同じように敏感であると説明しています。

期待どおり、金融機関に提供し、パイロット版を動かし、実稼働導入を完了し、古いシステムからxCurrentへの支払い量を、慎重な方法で移行させるプロセスは数カ月かかるでしょう。

SBI Remitとサイアム商業銀行は、昨年6月、リップル送金で収入を得ました。彼らの顧客は、以前よりも多くの支払いを高い頻繁で発生させています。それは、彼らがサービスを気に入ってくれている証拠なのです!

スカンジナビアの大銀行であるSEBは現在、xCurrentで10億ドル近いクロスボーダー支払いを処理しています。そして、SEBからスピードと信頼性について非常に肯定的な評価をいただいており、より多くの顧客にリップルによる支払いを提供しています。

金融機関は1970年代からこの基盤を変更していないと思いますが、採用率と早期採用してれた企業からの成功の報告をとてもありがたく思っています。

戦略2:xRapidによる流動性管理の解決

国際支払いには通常、通貨取引が含まれます。金融機関や企業は、このニーズの流動性を解決するために、今日の2つの方法のいずれかを必要としています。

  1. 彼らは銀行口座を開設し、現地通貨(または信用枠)を使ってその口座に資金を事前に入金し、その国で支払いをしたいときにすぐに資金を利用できるようにします。このような口座にはとてもたくさんのお金が溜まっています。それはつまり、流動資本が遊んでいるということです。
  2. 彼らは、シティバンクのような大手のコルレス銀行から為替取引サービスを購入します。私たちは以前、このようなサービスを提供できるほど大規模な銀行はほとんど存在しないため、市場は競争力を失い、その結果、「小さな男」を利用料を払っているのです!

xRapidはより高速で安価な取引のポイントになる

3番目に、xRapidを使用すれば、より高速で、はるかに安価な選択肢となります。

最後に、xRapidがどのような働きをするのかを説明します:

  • 金融機関や企業はxRapidを通じて支払いを開始します。
  • xRapidは、つながっているすべての取引所およびサードパーティ市場全体にわたって最も競争力のある流動性オプションを提供しています
  • どの取引所でも最も狭いスプレッドが提供されていれば、送信通貨をXRPに転送し、XRPを宛先に数秒で転送し、それを宛先通貨にトレードして宛先口座に振込をします。

このエンドツーエンドのフローは素早く、シームレスであり、金融機関はオンデマンドで国際支払いを行うことができます。これ以上の流動資本や高価なFXサービスはありません。

XRPのこのユースケースについて何年もかけて話し合いましたが、昨年の顧客の需要を最終的に見てから始めました。

(すでに言及したように、2017年は、多くの人々がブロックチェーン技術だけでなく、デジタル資産の力と潜在力を受け入れ始めた重要な年でした)問題だったのは、機関投資家たちが取引所やマーケットメーカーと簡単につながる方法でした 。(xRapidと入力するだけです。)

xRapidのパイロッド版がCuallixで成功を納めた

私たちは、昨年夏の終わりにベータ版のxRapidを公開しました。ほんの数ヶ月で、私たちは顧客とのパイプラインを構築しました。xRapidを早期に採用してくれた顧客は主に銀行ではなく決済プロバイダーでした

我々は、CuallixとMoneyGramがxRapidをパイロット版で使用していることを公に発表しており、2018年を通してより多くの発表がある予定です。

これらのプレイヤーは急速に動き出し、競争力に飢えており、流動性を最も必要とするところで頻繁に動かすことになるでしょう。

これらの顧客は、ベータ版のxRapidをパイロット版として使うため、登録をしています。 xCurrentのパイロット版と同じように、xRapidのパイロット版はリアルマネーを使用します。

私たちは、これらのベータ版の顧客と協力して、生産物支給のためのxRapidを準備しています。 CuallixのCFO、Nicolas Palacios(ニコラス・パラシアス)は、次のように語っています。「私たちは最終的にコストをかけ、これは現在行っていることよりも1000%効率が良いことがわかります。 xRapidのパイロット版はうまくいきました。

生産の準備が整うためには、XRPは多くの異なる通貨で非常に流動性が必要です。また、個人投機はXRPの流動性を構築する重要な役割を果たしていることを認識しています。

私たちは、常に健全なXRPエコシステムをサポートすることを約束してきました。その健康的なエコシステムには多くの参加者がいます。

実際の問題を解決するために、支払いフローでデジタル資産を使用している機関が生まれ始めたばかりです。今日、xCurrentの顧客はxRapidを使用していませんが、私たちは彼らの要求に応じて、流動性の課題とxRapidについて話しをしています。

結局のところ、銀行や決済機関は資本家です。xRapidを通じて、より多くの顧客を獲得する、より良いサービスを、より良い価格で提供できれば、株主価値を高めることができると考えています。

xRapidのパイロットをCuallixのように成功させ続ける限り、我々は今後数年間でXRPを通じた決済量は莫大なものになると考えています。

戦略3:xViaによる接続標準化の解決

一部の金融機関は支払いを処理しますが、他の金融機関は顧客の代わりに支払いを送信するだけです。しかし、グローバルな支払いを提供するには、さまざまなネットワーク、プラットフォーム、デジタルウォレットと統合する必要があります。各接続ごとに個別の統合が行われるため、世界中でこれらの接続を構築および維持することは費用がかかります。

多くの国際支払いを処理する企業は、このような問題と同じ問題に直面しています。

昨年の夏、我々はxViaをベータ版で紹介しました。これは、xCurrentとxRapid を利用する金融機関の成長するネットワークにこれらの機関を接続する一連の標準APIです。

xRapidにも同様の話がありますが、すでに公式に発表したとおり、IFX、通貨ダイレクト、TransferGoなどの顧客をxViaのパイプラインで迅速に構築するための需要を見続けています。

私たちの戦略は一貫しています。私たちの実行力は本物です。私たちは多くの仕事を先取りしています。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

 

 

参照元

https://ripple.com/insights/much-ado-much-part2/

https://ripple.com/insights/much-ado-much-to-do-part-3/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら