NTTデータとSkuchain(スキューチェーン)が提携/ブロックチェーンをIoTを統合するシステムを構築

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

NTTデータとSkuchain(スキューチェーン)が提携/ブロックチェーンをIoTを統合するシステムを構築

ブロックチェーン技術のスタートアップSkuchain(スキューチェーン)とNTTデータは、サプライチェーンにブロックチェーンの技術を利用するために提携をしました

リリースによると、両社はブロックチェーンをモノのインターネット(IoT)に統合するシステムを完成させ、Skuchain(スキューチェーン)のEC3ブロックチェーンプラットフォームとNTTデータのiQuattro(アイクアトロ)プラットフォームを組み合わせます。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

新システムはサプライチェーンをより最適化させるものになる

‎ブロックチェーンソリューションは、手作業により発生する問題、調整の欠如によるコストの増加、市場の不具合など、従来のサプライチェーンの問題を解決するのを支援することを目的としています。 Skuchain(スキューチェーン)とNTTデータは共同でこの製品を日本や他の市場の企業に販売します。

ブロックチェーンとIoTに統合されたソリューションは、サプライチェーンのあらゆる側面を管理し、最適化するよう設計されています。Skuchain(スキューチェーン)のPopcodes(ポップコード)というアプリを使用して在庫を追跡し、企業のスマートコントラクトアプリを使用してトランザクションフローを管理します。

日本と中国の企業ですでに試験導入を開始

‎両社はすでに、日本企業と中国のサプライチェーン企業と共に試験導入を行っています。 Skuchain(スキューチェーン)とNTTデータは現在、他の日本企業との追加の試験導入を計画しています。

サプライチェーン業界では効率化とコスト削減の手段としてブロックチェーン技術が注目されています

‎みずほフィナンシャルグループは、昨年9月、日立グループとの提携を発表し、業界のブロックチェーンプラットフォームを開発しました。

一方、エールフランスも、技術者が航空機保守システム内のワークフローを追跡するためにブロックチェーン技術をどのように適用できるかをテストしました。

参照元

https://www.coindesk.com/skuchain-ntt-data-partner-on-blockchain-supply-chain-venture/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら