【ビットコイン・アトム(BCA)】アトミックスワップ導入により取引所の仕組みを崩壊させることが可能か

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【ビットコイン・アトム(BCA)】アトミックスワップ導入により取引所の仕組みを崩壊させることが可能か

ビットコイン・アトム(Bitcoin Atom/BCA)は、ハードフォークにより元のビットコインブロックチェーンから切り離された通貨です。現在の取引ベースの売買の仕組みを潜在的に崩壊させる手段として、アトミックスワップを導入しています。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

アトミックスワップ とは

アトミックスワップは、取引所などの第三者の監視と仲介をせず、異なる仮想通貨の取引をユーザー間のみで可能にする仕組みのことです。

これにより、事実上、仲介人が排除され、ユーザーの取引手数料が削減されます。

アトミックスワップは単純な2段階のプロセスです。ノード内に注文を置き、交換された仮想通貨を受け取ることができます。この場合、交換は行われる場合と行われない場合があります。

より多くの関係者が関与することで、エラーが発生する可能性が高まり取引手数料も発生するような取引所のもとで取引が行われないので不安は少なくなるでしょう。

さらに、ビットコインアトムは、瞬時の取引と小額支払いの費用対効果を実現するため、ライトニングネットワークによる取引を使用します。

取引手数料が二桁も膨らんでいるため、ビットコインでは小額の支払いをする価値はありません。

最大限の非中央集権化

アトミックスワップは、取引所が中央集権だとすれば、分散型取引システムという概念に基づいています。

アカウントを介した取引の集中化と管理は取引所自体に依存していますが、本質的には仮想通貨による非中央集権の概念全体を取り入れ、取引所を制御することによって抵抗しています。

取引所のユーザーはプライバシーのもと資産を管理します。たとえば、取引所は新しく派生したコインをサポートせずアカウント所有者は自分のフォークコインを受け取ることができないかもしれません。

ハイブリッドコンセンサス

ビットコインアトムは、ネットワークの安定性を高め、マイナーの力を減らすために、プルーフオブワーク(POW)とプルーフオブステークス(POS)を組み合わせたハイブリッドな承認モデルを使用しています。

上記の異なるアルゴリズムはトランザクションの有効性がブロックチェーンに追加される前に、合意や承認に達するために使用され、マイニング確認プロセスの一部として使用されます。

フォークとは何ですか?

ビットコインは、短期間に渡る2つの主要なハードフォークで論争を見た。フォークは、マイナーやソフトウェア開発者が現在のブロックチェーン技術の問題を解決しようとするために起こります。

フォークの片側には、アップグレードされた新しいブロックチェーン(この場合はビットコインアトム)があり、フォークの反対側には古いもの(元のビットコイン)があります。過去1年間にいくつかのハードフォークがあり、それぞれがオリジナルと共に流通する新しいバージョンのビットコインとなっています。 2017年には、2つの別々のハードフォークによりビットコインキャッシュとビットコインゴールドが作られました。それぞれ独自の機能を備えています。たとえば、ビットコインキャッシュはブロックサイズが大きく、取引をより迅速に処理でき、マイニング料金を抑えることができます。ビットコインゴールドは、どのGPUでも簡単に採掘できます。

アトミックパワーによる革新

ビットコインキャッシュは、その現実味のない可能性をして「バーチャルな配当」と見られましたが、時価総額で3番目に大きな通貨になるほどの価値を得ました。

ビットコインキャッシュがそのような新たな扉を開け、市場が成熟した後、ビットコインアトムはその技術によって大きな可能性を秘めており、現在の取引所主体となった仮想通貨の売買を崩壊させる可能性があることを意識しておくことは良いでしょう。

仮想通貨最新ニュース一覧

参照元

https://www.ccn.com/bitcoin-atom-exchange-disrupter/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう