【シンガポール金融管理庁CFO】ビットコインはリーマンショックのような世界的金融危機を起こすことはない

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【シンガポール金融管理庁CFO】ビットコインはリーマンショックのような世界的金融危機を起こすことはない

シンガポール通貨監督庁の金融技術責任者(CFO)は、ビットコインは、2008年の投資銀行リーマン・ブラザーズのような世界的金融危機を起こすようなシナリオは予見していない。

シンガポール金融管理局CFOソポネンドゥ・モハンティ氏は、Channel News Asia(チャンネル ニュースアジア)とのインタビューで,

「ビットコインは、価格崩壊の際に世界的な金融危機を引き起こすことはない」と言っている。

中央銀行関係者は「この仮想通貨市場に真剣に取り組んでいる。」と主張し、ビットコイン市場が世界的に拡大し続けると、当局が規制を踏襲することを示唆している。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

適切な時期が来れば対応する予定

「市場規模、需要、取引量に基づいて、いつ介入すべきかを正確に把握しており、適切な時期が来れば対応する。だから、私たちは大規模な金融システムの危機に陥ることはない」

とMohanty(モハンティ)氏は続けた。

具体的には、Mohanty(モハンティ)は、仮想通貨市場を取り巻く”誇大宣伝”に取り組むため、消費者保護規制を指摘した。

シンガポールは長い間、テクノロジー先進国として見られているが、グローバルなフィンテックの拠点としても目立っており、最近は仮想通貨、ブロックチェーン技術、ICOについても中央銀行を通じて、目立っている。

シンガポールの中央銀行は、ビットコイン価格が過去20,000ドル近くの高値で取引されていた12月の一般的な仮想通貨に対する投資を警告した。

ビットコインなどの規制はマネロン対策などが対象

10月、MAS(Monetary Authority of Singapore)の長は、「ビットコインに規定は必要なかった」と述べた。代わりに、MASのラヴィ・メノン長官は、規制の焦点は、不法資金調達や、その他の違法行為のためにあるべきだと主張した。

「そのため、これらの規制上の要件は、仮想通貨自体にではなく、仮想通貨に関連する活動に適用される。」

とメノン氏は当時述べた。

さらに、中央銀行家は、仮想通貨が価値のあるストアとしての使用に加えて、幅広いアプリケーションを持っていると主張した。

「もしそれがクロスボーダー送金であれば、仮想通貨を使用して、ブロックチェーンを通過していた場合、利益を得ることができる。ビットコインやether(エーテル)が価値のあるものになるかどうかということではなく、疑問としてとらえるべきだ」

とモハンティ氏は述べた。

中央銀行は、2017年8月にICOへの投資に対し勉強をするよう、一般市民に促すというパブリック・アドバイザリーを発行した後、11月にICO(初期コイン・オファリング)事業者の公式ガイドラインを発表した。

仮想通貨最新ニュース一覧

参照元

https://www.ccn.com/bitcoin-wont-lehman-collapse-singapore-central-bank-fintech-chief/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう