ブロックチェーンを旅行の予備検査に導入/カナダとドイツが協力

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

ブロックチェーンを旅行の予備検査に導入/カナダとドイツが協力

世界経済フォーラム(WEF)はブロックチェーンに着目したデジタルアイデンティティ・プロジェクトを行うためにカナダ、ドイツの政府と協力している

The Known Traveller Digital Identity initiativeはブロックチェーンのような技術や生物測定学を使って国際的な空の旅の安全性を高めることを目標にしている。先週、アクセンチュアとの共同開発によってできた試作品はダボスのWEFで公開された。

旅行者の個人情報がより安全に守られるようになる

このコンセプトの裏側にあるアイデアは、中心的なデータベースの必要性を省くことで、旅行者へ個人情報に対する管理権を与えることである。むしろ、旅行者が「権限のある分散元帳」を頼るのだ。これは例えば旅行者の経歴やどこへ行ったかの情報の移動を認めるものである。

WEFは、元帳の利用は国際旅行のための予備検査と便利化を可能にすることができると述べている。同時に、これは将来、他の目的のために情報を公開できる可能性も示している。

ブロックチェーンに直接保存されるかは未定

WEFによると2013年までで、国際線の利用者は年間18億人にのぼると推定されている。この旅行者の拡大から、さらに効率的な手続きへの需要はあるのだろう。

WEFの幹部委員会の一員であるJohn Moavenzadeh(ジョン・モアベンザデ)氏は以下のように述べている

「旅行者が個人の生物測定学的、生物学的そして歴史的な旅行のデータに自分の裁量でアクセスできることで、リスクの見積もりや予備検査を事前に受ける権利を得ることができる。大事なことはアイデンティティを確認すること、生物測定学的な記録技術を使って安全や途絶えることない旅を供給することである。」

このプロジェクトを要約したレポートによると、個人情報がブロックチェーンに直接保存されるのかどうかはまだ決まっていないという。

参照元

https://www.coindesk.com/wef-trials-blockchain-bid-boost-air-travel-security/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら