【スターバックス】仮想通貨の将来的な導入を示唆/元CEOハワード・シュルツ氏がブロックチェーン技術を賞賛

▼【国内トップクラス!】低リスクで安定的に資産を増やしたい方におすすめ!全自動で世界水準の資産運用を実現するロボアドバイザー!

【登録無料!】Wealthnavi(ウェルスナビ)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

【スターバックス】仮想通貨の将来的な導入を示唆/元CEOハワード・シュルツ氏がブロックチェーン技術を賞賛

スターバックスの執行役員長のHoward Schultz (ハワード・シュルツ)氏は、電話会議で最新の四半期決算について議論していたとき、仮想通貨について言及し、参加者を驚かせた。元CEOは、広く受け入れられる仮想通貨が今後数年以内に現れると信じていることを伝えた。

同時に、Schultz(シュルツ)氏は、「ビットコインが今日または将来の通貨になるとは考えていない」と言い、ビットコインがその1つであることには疑惑を表明した。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

シュルツ氏は仮想通貨が現段階で通貨として有用かは懐疑的

Schultz(シュルツ)は、伝説的投資家、Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏、ノーベル賞を受賞した経済学者、Robert Shiller(ロバート・シラー)氏、J.P. Morgan Chase(J.P.モルガン・チェース)のCEO、Jamie Dimon(ジェイミー・ディモン)氏(のちに撤回したものの、彼はビットコインを「詐欺」と呼ぶにまで至った)も参加する近年注目のビットコイン懐疑論者のグループに参加している。

しかし、懐疑論者の多くとは異なり、Schultz(シュルツ)氏のビットコインに対する批判は、ほとんどが実際の通貨としてのその有用性に対するものであった。

一般的な仮想通貨に関する意見にかかわらず、これは特に異論の多い指摘ではない。ビットコインや他のほとんどのデジタルトークンの極端な価格変動は、ガス、日用品、コーヒーなどの簡単で日常的な消費者取引での有用性を著しく制限している。

スターバックスはまだ仮想通貨に関する取り組みは行なっていない

では、これらを踏まえて、スターバックスは仮想通貨の世界に足を踏み入れる準備ができていると言えるだろうか?残念なことにブロックチェーン専門家によると、答えは「ノー」だ。

会議中、Schultz(シュルツ)氏は「スターバックスが仮想通貨をつくっているとか、これに投資していると発表するために、この話を持ち出したわけではない」と素早く否定した。彼のコメントは、内部のブロックチェーン投資に対する意欲を表明するためではなく、会社の将来のデジタル決済戦略を明らかにするという意図があった。

将来的にはブロックチェーン技術を使うことになると信じている

スターバックスはすでにモバイル・オーダーやペイ・サービスの急速な成長を経験しており、現在のCEOのKevin Johnson(ケビン・ジョンソン)氏は、最近、シアトルの繁華街にある店でノー・キャッシュ政策をテストしていることを明らかにした。

Schultz(シュルツ)氏は、ブロックチェーンが今後の戦略において重要な役割を果たすと確信し
ており、その意思は会議中の彼のコメントにも表れている。

「…私たちは、新しい時代に向かいつつある。ブロックチェーン技術は、消費者向けに応用された仮想通貨を数多く生み出すだろう。そして私は、スターバックスがそれを利用する立場にあると信じている。私たちは、この新しい時代を追い求めている企業に提供できるものがある。私たちは、このような時代が受け入れられるような、信頼できる正当な場所を作り出す立場にあり、さらに、私たちが開発したモバイル決済のデジタルプラットフォームを生かすことができるかもしれないからである。」

スターバックスのブランド力と消費者への日々の購買におけるデジタル決済の普及の主導者としての役割を考えると、彼らの完全なサポートを受けるブロックチェーン通貨は競合するトークンに対して大きく有利になるだろう。

参照元

https://www.ccn.com/is-starbucks-having-an-ico/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう