国際通貨基金(IMF)がマイニングの電力消費に警鐘/電力消費量は2017年は前年の3倍

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

国際通貨基金(IMF)がマイニングの電力消費に警鐘/電力消費量は2017年は前年の3倍

ビットコインの採掘はエネルギー集約的すぎる」それは国際通貨基金(IMF)のマネージングディレクターのChristine Lagarde(クリスティー・レガード)氏による仮想通貨の支持者へのメッセージだ。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

マイニングシステムの電力消費量はアルゼンチンの電気消費量と同等

ダボスでの世界経済フォーラムで講演していたレガード氏は、ビットコインのマイニングは「エネルギーの怒り」を感じる産業であり、またIMFはそのことを懸念していると語った。

「Bitcoinのマイニングは加速し、そのメカニズムも強化され、エネルギーが怒っている。」とブルームバーグテレビのインタビューでレガード氏は答えた。付け加えて「システムの電力消費量はアルゼンチンの電気消費量に同等する」と述べた。

ブルームバーグによると、ビットコインの採掘産業の集団電力消費量は2017年に3倍になり、12月のピーク時に43GWhに達した

マイニングに中国の石炭が使われていることも懸念

多くのアナリストや環境保護主義者は、業界の電力使用量に警鐘を鳴らしており、レガード氏は、世界がすでに情勢変動の戦いであることにより、「大きな懸念」になってきていると述べた。

情勢変動の時代に、実際にビットコインを採掘するために、中国の地方でたくさんの石炭が使用されていることは、大きな懸念である」と結論づけた。

しかし、そのような声明があるにもかかわらず、他のアナリストは、業界のエネルギー消費は大げさであると言っている。

クレディ・スイスのレポートによれば、採掘に関わる電気の使用は採掘が儲けになりやすいままの場合は増え続け、実際の予測としては、「非常に多くの電力と環境壊滅の可能性がある」ということだ。

中央銀行も分散台帳技術の導入をテストしている

レガード氏はビットコインから繋がる仮想通貨の「基盤技術」を広げようとしている。しかし、この技術について彼女は過去のインタビューで「大きな混乱をもたらす」と予言している。

「仮想通貨に関して魅力的なことは、基盤となっている技術、そして、なにも間に挟まることなく、身元証明、信頼性、取引の証明を台帳技術が保証し、供給されることである。これはビットコイン発明者の夢であると考えている。」と彼女は言った。おそらくこれには、ビットコインの起源となる知識は含まれていないだろう。

レガード氏は無数にある中央銀行はそれぞれのオペレーションの中で、新しい種類の通貨の管理や発行といった権限を犠牲にすることなしに、どのようにして分散台帳技術を自らのオペレーションに導入するか、試し始めていると指摘した。

マネーロンダリングなど、仮想通貨が悪用される恐れを危惧

しかし、仮想通貨には大規模な電力を消費すること以上の、他のダークサイドもある、とレガード氏は主張した。

仮想通貨の匿名性は、マネーロンダリングの促進や、裏金の流通、誰も幸せにならないようなことなどを引き起こす可能性があり、もし私たちが金融の安定性と決済の透明性を求めているのであれば、これはダークサイドになりうる。

と彼女は指摘している。

この脅威に対してIMFは、G20諸国の金融監督当局と同様の申立に加わり、仮想通貨の規制に関する国際協力を呼びかけた

参照元

https://www.ccn.com/imfs-lagarde-says-bitcoin-mining-consumes-much-electricity/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう