イギリスで初めてビットコインの強盗事件/被害者はビットコイン関連の会社の創業メンバー

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

イギリスで初めてビットコインの強盗事件/被害者はビットコイン関連の会社の創業メンバー

仮想通貨関係の会社を経営している、イギリス人男性は、何者かに銃口を突き付けられ、ビットコイン(量は不明)の引き渡しを強制された。

伝えられた情報によると、この事件は、South Oxfordshire(南オックスフォードシャー)州のMoulsford(ムーズフォード)村で起こった。イギリスで初めてのビットコインに関する強盗である

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

被害者はAston Digital Currencies Ltdというビットコイン関連の会社の創立メンバー

地元警察によって報告されたと、電報報告書は述べている。

警察は以下を述べた。

「Thames Valley Police(テムズ・バリー警察署)は、Moulsford(ムーズフォード)で起こった事件を捜査しているが、この事件で負傷者はいない、犯人も見つかっていない」

報告書によると、4人の強盗が、女性を縛り、その間、被害者(名前はDanny Aston)に銃口を向けてビットコインを強制的に引き渡させた。

被害者の設立したビットコインを取り扱う会社は、2017年6月、Aston Digital Currencies Ltd.という名前で設立された。

過去にはカナダでもビットコインの強盗事件が発生

これは、ビットコインに関する最初の武装強盗ではない。(イギリスでは初)

同様の事件が2018年1月23日にCanadaのOttawa(カナダ、オタワ)で報告された。その犯罪は以前にCoinDeskで報告されたように、3人の武装勢力がビットコインビットコイン金融機関の従業員を脅しビットコインを強制的に奪い取ったのだ。1人の容疑者は、地元の警察に告発され、2人が逮捕された。

参照元

https://www.coindesk.com/uk-crypto-trader-forced-to-hand-over-bitcoin-at-gunpoint/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら