【ドイツ規制当局】ベルリン仮想通貨取引所Crypto.exchange GmbHに業務停止命令

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

【ドイツ規制当局】ベルリン仮想通貨取引所Crypto.exchange GmbHに業務停止命令

ドイツの金融監督院(BaFin)は、ベルリンを拠点とする取引所であるCrypto.exchange GmbHに、金融ブローカーとしての業務を即座にやめるように命じた。

この命令は、取引所が顧客のビットコインを、ユーロで証券取引所に売却すると、同社のウェブサイト(btc-now.de)で宣伝したことを受けてのことだと、BaFinは声明で述べている。同社は、購入価格は30分以内に投資家に送金されると言う。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

Crypto.exchange GmbHは許可を受けずに運営

BaFinによると、Crypto.exchange GmbHが運営する金融手数料事業は規制当局の許可を受けていない。

Bloomberg(ブルームバーグ)によると、金融監督当局は、ユーザーが会社に売却した仮想通貨に対して一切のお金を受け取れなかったと主張したため決定を下した。

記事によると「BaFinの命令は、法律により即時施行可能だが、まだ最終的なものではない」記事がでたときには、btc-now.deのウェブサイトは運営していなかった。

ワンコインに関与する会社にも休止命令

4月にBaFinは、詐欺行為であるとの多くの申し立てに直面し、イタリアで260万ユーロの罰金を科された仮想通貨サービスであるOneCoin(ワンコイン)仮想通貨制度に関連する支払い処理プロセッサーをシャットダウンした。

数週間後、BaFinはOneCoin(ワンコイン)に関与する2つの持株会社に新たな休止命令を出し、同社に「インターネットベースのOneCoins(ワンコインズ)取引システムを中止」するよう命じた。

参照元

https://www.coindesk.com/german-regulator-orders-crypto-exchange-to-halt-brokerage-business/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら