香港政府が仮想通貨やICOに関する大規模な教育キャンペーンを開始/ICOの認可制導入でリスク対策も

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

香港政府が仮想通貨やICOに関する大規模な教育キャンペーンを開始/ICOの認可制導入でリスク対策も

香港政府は一般市民に向けて、ICOや仮想通貨の投資に関連したリスクについて教育するキャンペーンを開始した。

昨日1月29日からキャンペーンは開始し、政府のFSTB(財務事務及び庫務局)とIEC(投資家教育センター)、SFC(安全と将来に関する委員会)の子会社によって行われる

街の地下鉄のシステム、TVやソーシャルメディアを含む様々なチャンネルを通じて市民にアプローチすることを目指しているため、キャンペーンは最新の政府主導の取り組みになる。

これは市民に、最近の市場関心の高まりに伴うICOや仮想通貨投資の総合的な理解を提供する。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

政府としてICOや仮想通貨への市民理解を促していく方針

FSTBの秘書であるJoseph Chan(ジョセフ・チャン)氏はこう述べる。

「様々な市民教育を通じて、政府は市民にICOや仮想通貨の正確で包括的な理解を進めようとしている。そのため、取引や投資の決断をする前にリスクを見積もることができるようになる。」

加えて、IECはChin Familyと呼ばれる、一般市民がウェブを通じて入手できるICOや仮想通貨に関係した情報を作っている

この事業は昨年9月に定められたSFCからの勧告にも従っている。それはICOを通じて発行された証券は安全に基づいて注意、規制されるというものだ。

先月、金融取締役もまた「許可を得た会社だけがビットコイン先物や他の仮想通貨に関係した金融商品を提供することができる」と述べた。

参照元

https://www.coindesk.com/hong-kong-seeks-to-educate-the-public-on-cryptocurrency-and-icos/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう