Innovation Shares LLCがブロックチェーンETFを開始/ニューヨーク証券取引所で公開

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

Innovation Shares LLCがブロックチェーンETFを開始/ニューヨーク証券取引所で公開

blockchain(ブロックチェーン)を扱う企業や、技術の適用を目指している企業に焦点を当てた為替取引ファンドが本日開始した。

Innovation Shares LLCのNextGen Protocol ETF(株式市場で上場企業や商品を識別するため付けられる符丁)は、NYSE Arca(ニューヨーク証券取引所)で公開された

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

公開されたEFTには人工知能が導入される

プレス時現在、ニューヨーク証券取引所を通した価格データは取引が始まったことを示している。9:46EST現在の情報では、2100件で1株あたり$24.88である。

ETFを支持する同社は「ブロックチェーン技術において現在または将来の経済的利益を持つ株式を重視し、注目されている企業を追跡するために人工知能を導入する」と述べた。

Innovation Shares LLCのマネージングディレクターは下記を述べた。

「当社独自の特許申請中のAIベースのプロセスにより、この新しいプロトコルを開発、投資、活用している上場企業全般をよりよく把握することが可能だ」

ETFのプロバイダーであるExchange Traded Conceptは、ファンドのアドバイザーとして動いている。

直近ではビットコイン特化の先物契約の需要が高まった

Innovation Shares LLCの行動は、その技術の関心と誇大宣伝を利用することを目的とした投資商品の最新例を表している。

CoinDeskが以前に報告したように、今月初めにNasdaq(ナスダック)とニューヨーク証券取引所の両方で最初のブロックチェーンベースのETFが開始されたが、これらの動きは、2017年の秋にETF企業からの訴訟が発生した数か月後に発生したのである。

オーソドックスな投資家の間での需要は、最近数カ月、ビットコイン市場に特化した先物契約を創造することに繋がった。彼らは長期的に待ち望まれたビットコインのETFの開始に繋がるかどうかは、まだ明白ではない。

参照元

https://www.coindesk.com/another-blockchain-etf-launched/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら