大手弁護事務所がブロックチェーンに特化したチームを設立/ニューヨークの最高裁で勝訴の実績も

▼【国内トップクラス!】低リスクで安定的に資産を増やしたい方におすすめ!全自動で世界水準の資産運用を実現するロボアドバイザー!

【登録無料!】Wealthnavi(ウェルスナビ)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

大手弁護事務所がブロックチェーンに特化したチームを設立/ニューヨークの最高裁で勝訴の実績も

ワシントンD.Cの弁護士で優秀なスティーブン・ポリー氏は、異例の目線でブロックチェーンと仮想通貨の対応を始めたのである。

アンダーソン・キルという名の新しい10人で構成されているチームは、紛争の仲介、古くから金融界で 「実践」と呼んでいる、つまり苦しんでいる状況から打開することに集中している。

それは、技術革新者の「とりあえずやりきる」ということをモットーにしているスティーブン・ポリー氏にとっては適切な使命だという。彼の見解では、ガバナンス、補償、取締役や役員の保険などの重要なプロジェクトは何も考慮されずに進んでいるが、それらが一番重大な問題である。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

今までブロックチェーンや仮想通貨の相談役になれる弁護士事務所は少なかった

CoinDeskに対してスティーブン・ポリー氏は以下を述べた。

「私は、あなた達がなにかを始める前、それか問題に直面した際に相談を受けることだ。」

近年、多くの大手法律事務所がブロックチェーンや仮想通貨の「実践」をしてきたが、相談役として位置付けされことは、ほとんどなかった

スティーブン・ポリーは、集団訴訟の原告の仕事に特に関心がないとしてるが、多くの仮想通貨取引とICO(新規仮想通貨公開)プロモーターを訴えたシルバー・ミュラー氏の案件対応が有名だ。

技術知識に長けた弁護士がチームに加入

18年間の訴訟案件の経験を持つスティーブン・ポリー氏は、2016年4月にアンダーソン・キルに加入した。同チームの以前の案件には、建設、およびその他の保険紛争だけでなく、ソフトウェア開発も含まれていた。

その技術知識を活用し、彼は顧客の手助けをしたいと語っている。国境という概念のないブロックチェーンネットワークは、この点で興味深い課題を提示している

「地域のプライバシーに関する法律、著作権、差押通知など、弁護士として憂慮する事柄を考える必要がある」とスティーブン・ポリー氏は述べている。

しかし、これまでに何も準備をしてこなかった顧客についても手助けをする準備はできていという。昨年は、ニューヨーク州ブルックリンにある連邦最高裁判所で3週間の”仮”訴訟で勝利した

中立的な立場でアドバイスをしていく方針

アンダーソン・キルの新しい実践用ページは、ブロックチェーンの主張者として自分自身をブランド化したメンバーを掘り下げている。「私たちは、あくまでも弁護士であり、仮想通貨専門の弁護士ではない」と記載されている。

スティーブン・ポリーは、「離婚弁護士」や「証券弁護士」とは異なり、「旅仲間」と自分達を称している。また、それに加えて「仮想通貨」の専門知識を取り入れていると述べている。

「だが、このような立場は、人々が聞きたくないアドバイスをすることもある」と彼は付け足した。

「イデオロギー的、または哲学的な目的で人々は私を雇わない。彼らは最善の利益をもたらす中立的なアドバイスを得る目的で私を雇う」

と語った。

参照元

https://www.coindesk.com/crypto-cleanup-crew-new-law-practice-focuses-resolving-messes/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう