【サムスン】仮想通貨マイニング事業へ参入/マイニング用チップの製造を開始

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

【サムスン】仮想通貨マイニング事業へ参入/マイニング用チップの製造を開始

サムスンは今週、仮想通貨マイニング用チップの製造を開始したことを認めた。

The Bellの記事によると、1月30日、サムスンが無名の中国の鉱業会社にASIC(特定用途向け集積回路)を提供することを目指して、1月に製造を開始したという。

サムスンの広報担当者はテッククランチに以下を述べている。

「サムスンの事業として、現在、仮想通貨マイニング用チップの製造に従事している」

だが、それ以上の詳細は語らなかった。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

中国のBitmainと激しいシェア争いになると予想

しかし、最近の第4四半期および2017年の業績報告では、増加する仮想通貨の需要に記載されてるが、サムスンは市場に浸透するために、少しの準備が必要だと語っている

サムスンのビットコインマイニング分野への進出は、間違いなく台湾のメーカーであるTSMCのASIC(特定用途向け集積回路)を使用して、市場シェアの70%以上を占める中国のBitmain(ビットメイン)と激しい真剣な競争が起こるだろう。

参照元

https://www.coindesk.com/samsung-confirms-its-now-making-cryptocurrency-mining-chips/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら