【仮想通貨】2/8にアメリカの公聴会で議論/ClaytonとGiancarloの共同出版を発表

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

【仮想通貨】2/8にアメリカの公聴会で議論/ClaytonとGiancarloの共同出版物を発表

アメリカの証券取引等監視委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)のトップが来週の上院公聴会の間に、仮装通貨について話し合いを行う。

金融業、不動産業、都市事業に関する上院委員会は、SECのトップ、ジェイ・クレイトンとCFTCのトップ、ジェイ・クリストファー・ジャンカーロを証人として招いて、2月6日午前10時に行われた。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

商品先物取引委員会はテザーを注視している

公聴会と両者の登壇についてはワシントンを拠点とするThe Hill(政治専門誌)で先月から報じられていた。

「仮装通貨:アメリカのSECとCFTCの見落とされた役割」と題した公聴会はこの話題に関して両組織が注目を浴びている真っただ中で行われる。

SECは最近、おそらく詐欺的なICOに対して何度も訴訟を起こしてきた。一方、昨日報じられたように、CFTCはUSDTの騒動の裏で密接に連携したビットフィネックスやテザーの仮装通貨取引を吟味するようになった

仮想通貨への監視強化に関する記事がウォール・ストリート・ジャーナルに掲載

来週の公聴会ではClaytonとGiancarloの共同出版物が発表される。ウォール・ストリート・ジャーナルに載せられる記事は、業界のより詳細な監視を行う約束及びそれら―特に投資勧誘―に対する警告となった。

「法律家、取引所、金融会社を含む市場参入者は、我々は投資者の義務的な保護を奪いながら、実質的に向上している様々なフォームによって邪魔されていることに気付くべきだ」と2人は綴っている。

2月8日の公聴会はオンライン上で放送される予定だ。

参照元

https://www.coindesk.com/nem-foundation-refutes-exchange-news/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら