アメリカでビットコイン先物取引などに関する公開会議を実施/CFTC(米商品先物取引委員会)による監督方法などを議論

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

アメリカでビットコイン先物取引などに関する公開会議を実施/CFTC(米商品先物取引委員会)による監督方法などを議論

ビットコイン先物の開始は、米国監督当局が新しいデリバティブ商品に対する彼らの「放任」の態度を再考するように促している。

水曜日、CFTC(米商品先物取引委員会)は、委員会の事前承認なしに新製品を上場することが許可される自己承認プロセスについて議論をするための公開会議を開く予定だ。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

シカゴの取引所には非難が集まる

CCNが報告したように、シカゴのデリバティブ取引所、CBOE(シカゴ・オプション取引所)とCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)は、自社の認識プロセスを使用してビットコイン先物商品の発売を早期に追跡した。

ナスダックを含む他の取引所も、仮想通貨に基づく先物商品の販売を計画していると伝えられている。

シカゴ・オプション取引所とシカゴ・マーカンタイル取引所は、製品自己承認の件で米商品先物取引委員会と相談したが、FIA(フューチャーズ・インダストリー・アソシエーション)を含む多くの市場参加者に、これらの新しい商品へ厳しい注意を払わないことについて批判された。

CFTCは仮想通貨デリバティブの重要性を認める

水曜日の会議では、委員長ロスティン・ベウマンが議長を務める予定で、CFTC(米商品先物取引委員会)は新商品をそのように監督するのかをレビューする。ウォールストリートジャーナル紙によると

「委員会は、新商品への歴史的規制アプローチを再検討しなければならない」

と委員長ロスティン・ベウマンが水曜日の会議で発表する予定だという。

以前は、CFTC(米商品先物取引委員会)のJ.クリストファー・ジャンカルロ会長は、CFTC(米商品先物取引委員会)はより精査的な仮想通貨デリバティブに目を向けるべきだと認め、彼は、仮想通貨関連の取引が行われる際は、高度なレビューを通す必要があると説明した。

しかし、製品自己承認プロセスを妥協することはないと続けた。

一部ではプロセスを検討するには時期が早いという見解が強い

ウォールストリートジャーナルの報告書によれば、自己承認プロセスを実質的に変更するには議会の行動が必要であり、これは近い将来に起こりそうにない。

批判が多いのにも関わらず、市場は秩序のある方法で運営されており、双方の取引所は期限切れ契約の第1ラウンドを事態なく解決している。

少なくとも一人の上院民主党員が、ビットコイン市場での詐欺と戦うCFTC(米商品先物取引委員会)の能力を強化する願望を表明しているが、連邦政府の3つの支部を支配する共和党員は、規制当局の権限を拡大するように求めたのである。

今までのところ、CFTC(米商品先物取引委員会)の原則に基づく規制基準と自己承認プロセスは意図どおりに機能しているようだ」と、ハウス農業委員会会長のマイク・コンウェイ氏は述べた。「現時点ではどのプロセス、システムを変更するか検討するには早すぎる段階だ」と続けた。

パット・ロバーツ上院農業委員会会長は、「農業貿易における分散帳簿技術の潜在的な用途を既に体感していることを考慮すると、政府に、さらなるイノベーションを潜在的に妨げる可能性のある方法を模索することを躊躇している」 と述べた。

参照元

https://www.ccn.com/bitcoin-futures-prompt-cftc-to-reconsider-loose-approach-to-derivatives-markets/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう