【ペトロ(PETRO)】ベネズエラでトークンの先行販売を発表/ベネズエラ大統領、マドゥロ氏がホワイトペーパーに署名

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

【ペトロ(PETRO)】ベネズエラでトークンの先行販売を発表/ベネズエラ大統領、マドゥロ氏がホワイトペーパーに署名

ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は、来月、国を推奨する仮想通貨「ペトロ」の先行販売を開始すると表明した。

火曜日にペトロホワイトペーパーに署名し、マドゥロ大統領はトークンの最初の販売は2月20日に始まると述べた。

Bloomberg(ブルームバーグ)の記事によると、マドゥロ大統領はまた、石油を含む商品備蓄に支えられているペトロを、ベネズエラの数百万人が所有する国民IDカードを通じて使用する計画が策定されていることを明らかにした。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

トークンを採掘するためのセンターを設置

マドゥロはさらに、トークンを生産するために鉱業センターを教育機関に設置していると発表した。発売前に事前にペトロを採掘するというの最初の草案から改訂されたようである。

Bloomberg(ブルームバーグ)によると、マドゥロは国営テレビで次のように述べている:
「ペトロは、外貨にどのようにアクセスし、世界中から必要な物資やサービスをどのように入手するかという点において、大きな影響を与える」

この話題のトークンは、経済制裁の迂回を目的に昨年12月に発表された。

直後、国の反対派による会議では、ペトロは「違法」であり、事実上石油備蓄から借り入れていることになると宣言された。このように、ペトロに関する動きは、政府借入は議会によって承認されなければならないと規定している法律に違反する。

アメリカ上院議員はベネズエラの動きを非難

当時の議会議員Jorge Millan(ジョージ・ミラン)氏は、「これは、仮想通貨ではない、ベネズエラの石油の先売りである」と言い、「汚職のために作られたようなものだ」と非難した。

さらに、1月22日に、米国上院議員のマルコ・ルビオ氏とロバート・メネンデス氏は、ベネズエラの仮想通貨を、スティーブン・ミンチン米国財務長官への公開書簡で非難した

2人の上院議員は、米国による制裁を迂回するためにペトロが使用されることを防ぐためにどのように財務省が動くかを知りたかったのである。

彼らは以下のように記した:
「米財務省は、概して、そしてこの場合特に、米国からの制裁の回避を目的とした仮想通貨の使用に対抗するためのツールと施行メカニズムを備える必要がある」

参照元

https://www.coindesk.com/venezuelas-president-announces-petro-token-pre-sale/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら