【ICO】テゾス「退却」発言を撤回/新事業を集団訴訟へ

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【ICO】テゾス「退却」発言を撤回/新事業も集団訴訟へ

これはテゾスが悪名高いICOであることを考えれば当然かもしれない。

テゾスは、まずICOで2億3000万ドルを調達したこと、そしてその後すぐに全てを手放したことで仮想通貨コミュニティに大きな影響を与えた、ブロックチェーン新興企業の1つである。

テゾスの共同創立者アーサー氏とカスリーン・ブレイトマン氏と共に争いの中心にいる新事業のスイス財団のトップであるヨハン・ゲバース氏は、「テゾスを前進させる」というブログ記事で、プロジェクトが再発進する際、テゾスの収益を管理する財団から「退却」することを約束するも、投稿を取り下げて、発言を撤回し、混乱を招いている

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

テゾスは支払いを行う資金は保有している可能性が高い

ロイター通信によると、報道機関はICO資金はすでに凍結されてはいないと報じており、テゾスはサービスプロバイダーへの支払いを行うことができるかもしれない。 ヨハン・ゲバース氏は現在は削除されている投稿で以下のように記した:

「私は、一貫して、テゾスコミュニティの支持もある新しい独立委員会がきちんと確立したら、財団から退くと主張する」

ヨハン・ゲバース氏は、ブログを削除したことを認めるも、レディットのユーザーによって確認された声明によると、計画は実行すると言う。

「万全を期すため、この投稿を取り下げるように勧められた。しかし、私とテゾス財団は、制約の中で世間とのコミュニケーションを怠らないよう最善を尽くしており、昨日の投稿で概説した計画に従う」

ヨハン・ゲバース氏は、ブレイトマンがウェブサイトの所有権を保持しているため、ブログ投稿のプラットフォームとしてミディアムを選択した。これは、当事者間の混乱が緩和されていないことを暗示する。

テゾスは事態の対処のために新メンバーを任命

一方、テゾスは前進するためにできることをしており、役員であるグイド・シュミッツ・クルマーチャー氏の離脱に苦しむも、新しいメンバーの任命を発表した。

ラース・ハウスマン氏はブレイトマン氏とゲバース氏の支配権戦いの中、シュミッツ・クルマーチャーの辞任後、あとを継ごうとしている

テゾスに対して集団訴訟が提起された

しかし、被害は既に大きく、取締役会のメンバーを交換しても、苦しい内輪揉めの結果停滞したプロジェクトの犠牲者と言われるTezzieトークンの購入者には、慰めにもならない。 テゾストークンを証券監督当局に登録しなかったことに焦点を当てて、一連の集団訴訟が新事業に対して提起された

投資家がテゾス ICOから資金にアクセスできない間、傷口に塩を塗る形で、カスリーン・ブレイトマンは、プロジェクトに寄せられたビットコインとイーサリアムは投資ではなく、慈善寄付であると言い、投資家をさらに激怒させた。

元のブログ記事から見ると、ゲバースは、テゾスプロジェクトを中断していたところから再開することを望んでいるが、それが実現するかどうかは、経営陣だけでなく、今まで置き去りにされているテゾスコミュニティにも左右される。

参照元

https://www.ccn.com/tezos-foundation-president-vows-to-step-back-then-back-pedals/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう