イタリア経済大臣「仮想通貨市場バブルが崩壊すれば損害が発生する可能性がある」と発言

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

イタリア経済大臣「仮想通貨市場バブルが崩壊すれば損害が発生する可能性がある」と発言

イタリアの経済大臣は、先日仮想通貨について重要な声を上げた、中央銀行が技術に目を向けているとしても、市場のバブルが「破裂すれば」損害が発生する可能性があると述べている。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

中央銀行は仮想通貨を利用するか議論中

ピエーレ・カルロ・パドアン経済大臣は、エネル(イタリア電力公社)が企画したミラノ工科大学のイベントで、仮想通貨を中心とした価格改革を宣言した政府関係者のコーラスに参加した。

アンサ・ビジネスの報告書によると、「監視機関は今まで以上に積極的であり、中央銀行は仮想通貨を使用するかどうかを判断しているが、破裂現象により被害を受ける可能性がある」と経済大臣は語ったという。

仮想通貨の利用方法が論点

報告書によると、「問題は技術面ではなく、どう仮想通貨が使用されるかだ」と経済大臣は語った。

「ブロックチェーンはテクノロジーであるが、テクノロジーでしかない、問題はどうそれを使用するかだ」と出席者に語りかけた。

仮想通貨周りの投機は、過去に税務署を含むイタリアの規制当局の注目を集めている。税務署は、2016年後半からビットコインを課税目的の通貨の一種として扱っている。

市場監視団は、広く批判されているワンコイン投資計画の地元投資プロモーターをターゲットにしており、2017年8月には259万ユーロの罰金を出した。

仮想通貨最新ニュース一覧

参照元

https://www.coindesk.com/italys-economy-minister-blasts-crypto-market/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら