米国裁判所が法的措置によりBitconnet(ビットコネクト)の資産凍結/2018年2月13日まで一時差止め

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

米国裁判所が法的措置によりBitconnet(ビットコネクト)の資産凍結

現在凍結している、ビットコネクト取引所の資産のTRO(一時的差止め命令)は1月29日の月曜日にアメリカで仮想通貨取引と貸付機能への二次訴訟の後に施工された。

ケンタッキー州西部地区連邦地方裁判所の長官、Joseph McKinley, Jr. (ジョセフ・マッキンリー・ジュニア)によって認められたTRO(一時的差止め命令)は、ビットコネクトが過去90日以内に仮想通貨を送金した人の身元開示を行うことと同様に、仮想通貨ウォレット、取引のあったアカウントの登録アドレスの公開を要求することである。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

全ての資産を移動することも禁止

被告人であるビットコネクトに加えて、BitConnect international PLCやBitConnect LTD、BitConnect Trading LTDには上記の要求に従う期間が10日間がある。

また、一時的差止め命令によって、彼らが裁判所から認可を受けるまでRyan Maasen(ライアン・マーセン)は、彼らが所有するいかなる資産も移動することを禁止する。

ビットコネクト の取引所と貸付が閉鎖したあと、その要求はビットコネクトの二次訴訟に対する返答の中で行われた。

ビットコインは詐欺行為であると主張

また、ライアン・マーセンはその取引がポンジ・スキーム : 詐欺行為だったり誰かを騙して利益を不当に分捕る場合のことであると主張している。

ケンタッキー州に住んでいる原告のブレイン・ページは 、ビットコネクト の全ての投資家の代理として会社が取引所の閉鎖を発表した時に、ビットコインや他の仮想通貨がビットコネクトコイン(BCC)に変換されていることに対して訴訟を起こした。

その時、300ドル以上で取引されていたBCCは6ドルになっていたことを発表した。

大規模な詐欺行為として拡大していた可能性

もし、ビットコネクト の資産が凍結していなかったら、一時的差止め命令の実施はさらなる世間の注目を集めていた。なぜなら、世間は、大規模な顧客への詐欺行為や違反を予防したいという思いがあるからだ。

訴訟は続いた。

この一時的な差止め命令は、現状維持と回復不能な危害を防止するために、裁判所が審理を行うまで被告に通知することなく行われる。

訴訟の性質と被告の証券違反があるために、原告は勝訴への強い見込みを見せている。また、一時的差止め命令は現状維持をあらわし、裁判所に本案に関し有意義な決定を出す能力を与えた。

一時的差止め命令は、記載事項によると2018年2月13日に期限切れとなる。

仮想通貨最新ニュース一覧

参照元

https://www.coindesk.com/us-court-freezes-bitconnect-assets-as-lawsuits-mount/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう