紅茶会社ロングブロックチェーン社が1000人のビットコインマイナー募集を停止/仮想通貨市場の急激な下降が理由

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

紅茶会社ロングブロックチェーン社が1000人のビットコインマイナー募集を停止

Long Blockchain Corp.(ロングブロックチェーン社)はビットコインマイニングに1000人を派遣する計画を中止した

12月、以前はロングアイランドアイスティーとして知られていたこの会社は、驚くようなブロックチェーン業界へのピボットをした。

仮装通貨レートでビットコインが19,891ドルを記録した数日後であった。1月のはじめ、ロングブロックチェーンは420万円をかけて1,000 AntMiner S9(ビットコインの採掘機)を購入し、アイスランドにビットコインのマイニング場を作った。

「私たちはこの移行を、自社がブロックチェーン技術に参入する際の重要かつ有効な最初の1歩だととらえている。」

とロングブロックチェーン社のCEOであるフィリップトーマスは述べた。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

仮想通貨市場の急激な下降が影響

しかしながら、この知らせ以降、仮装通貨市場は急激な下降傾向となりロングブロックチェーン社の株価は上がっていない。金曜日、LBCC(ロングブロックチェーン社)の株価は12月の最高額に比べて50%以上下落し、3.11ドルを記録した。

こうした下落に対して、ロングブロックチェーン社はブロックチェーン部門への積極的な進出を第2の考えとして持っているようだ。アメリカのSEC(証券取引等監視委員会)の報告によると、金曜日、この会社はビットコインのマイニング事業を行うことを取りやめたという。

「私たちはブロックチェーンの世界におけるマイニング機器の価値を信じ続けている。これらの機器の購入は会社にとってリスクがないとされており、私たちが検討してきた戦略的手段の1つである。」

とブロックチェーン戦略委員会のトップであるシェミル・マリクは述べた。

将来的にはマイニング機の購入はする

シェミル・マリクはロングブロックチェーンがブロックチェーン技術の新しい焦点に取り組んでおり、またイギリスのStater Blockchain(シェルターブロックチェーン)との合併についても検討していると述べた。

そして、将来的にはビットコインのマイニング機を購入するだろうと加えた。

「私たちはビットコインや他の仮装通貨のマイニング機の購入を、ブロックチェーンへの先駆けとして評価している。それは提案されたスターターとの合併も含むものである。」

と彼は述べた。

仮想通貨最新ニュース一覧

参照元

https://www.ccn.com/psych-ex-iced-tea-co-long-blockchain-cancels-order-1000-bitcoin-miners/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう