【2月2日】仮想通貨初の格付けサイト「Weiss Ratings(ワイスレーティング)が2月2日に新しい格付けを発表/リップル(XRP)、STEEM(スチーム)、ADA(カルダノ)が格上げ。

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

【仮想通貨初の格付けサイト「Weiss Ratings(ワイスレーティング)が2月2日に新しい格付けを発表/リップル(XRP)、STEEM(スチーム)、ADAは格上げ。

2018年に世界で初めて仮想通貨の格付けを実施したワイスレーティング2018年2月2日に新しい格付けを発表した

今回の発表ではSTEEM(スチーム)がB+。リップル(XRP)はC+、カルダノ(ADA)はBに格上げ。イーサリアム(ETH)はB-に格下げとなった。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

格付けについて

格付けの基準

  1. リスク指数・・・価格変動、市場バイアス
  2.  報酬指標・・・絶対的リターン指標をベンチマーク。また平均移動を比較し評価
  3. テクノロジーの高さ・・コード、匿名レベル、金融政策、ガバナンス、スケーリング
  4.  基本的指標・・・市場への浸透度、拡張性、処理速度、開発状況、コミュニティの強さ、セキュリティなど

格付けの評価

「A=excellent」「B=good」「C=fair」「D=weak」「E=very weak」A・Bの格付けは、投資対象となり、Cは平均、D・Eは売りと判断される

格付け理由

STEEMが格上げされた理由

今回最も高い評価を得たSTEEMですが、理由としては毎日150万回のチェーン取引が行われており、STEEMはリップル、イーサリアムよりも多い数字です。また、STEEMはソーシャルメディアプラットフォームであり、スケーラビリティ、ガバナンス面でも優れています。

また、イーサリアムとはことなり事実上無料であることも評価ポイントとなっています。

※上記通貨を購入するには、「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

なぜリップル(XRP)の格付けはそこまで高くないのか

リップル社は信じられないほどの可能性を秘めていることは、ワイスレーティングも認めています

しかし、リップル社とリップル(XRP)は別のものであり、あくまでXRPの評価をしたものであるため格付けは上がにくい構造になっています。

また、リップル社が公開企業でり、株式を購入していれば全く異なった基準で評価できると述べており、あくまでリップル社とリップル(XRP)を別のものとして評価した時にこのような評価になっています。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

イーサリアムが格下げされた理由

イーサリアムが格下げされた理由は、ビットコインと同じくスケーラビリティの問題に直面していることが理由です。

また、第三世代ブロックチェーン技術の誕生、将来的にスケーラビリティの問題に解決するための信頼できるロードマップがないことなどが問題となっています。

ただし、ICO市場を支配していることや、ビットコインよりも送金手数料、送金の点で優れているところは評価されています。

STEEMが格上げされた理由

今回最も高い評価を得たSTEEMですが、理由としては毎日150万回のチェーン取引が行われており、STEEMはリップル、イーサリアムよりも多い数字です。また、STEEMはソーシャルメディアプラットフォームであり、スケーラビリティ、ガバナンス面でも優れています。

また、イーサリアムとはことなり事実上むりょうであることも評価ポイントとなっています。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

Zaif(ザイフ)無料登録はこちら

その他、ADA、BitShareは引き続き買いの判断が出されています。

2018年2月2日の格付けランキングシート

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら