【ジーキャッシュ】核廃棄物を使用した乱数発生装置の作成に成功

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

【ジーキャッシュ】核廃棄物を使用した乱数発生装置の作成に成功

IMFのチーフが仮想通貨のマイニングは環境に有害であると警告した直後、ジーキャッシュの熱狂者たちは気にも留めなかった。

パワーズオブタウセレモニー(数人のジーコインエンジニアらによるセレモニー)の開発者たちは、チェルノブイリ原子炉のメルトダウンから(より具体的には、チェルノブイリ第4号原子炉から)、放射性物質を仮想通貨解読のためのハードウェア乱数発生装置のエントロピー源として取り入れた

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

装置から放出される放射能は問題ない

開発者ライアン・ピアース氏とアンドリュー・ミラー氏は、「通常のバックグラウンド放射線」よりわずかに高いだけだといい、

「チェルノブイリ排除区域」から回収され、装置(ガイガーカウンターとチェルノブイリ原子炉のグラファイトサンプル)に使用されている管から放出された放射能は深刻なものではないと保証しながら、「側方からの被害の危険性を減らす」ことを目的としてパイパーチェロキー航空機内で飛行中に装置を取り出した。

ライアン・ピアース氏は次のようにコメントした。

私は自分のチェルノブイリ乱数発生装置を作るのに成功した! ガイガーキット管はチェルノブイリ排除区域から回収されたロシアのSI-22Gだ。 放射能源は、チェルノブイリ原子炉グラファイトの非常に小さなサンプルである。

 

ピアース氏とミラー氏が1月20日にピアース氏の飛行機に乗り、北イリノイ州と南ウィスコンシン州上空3,000フィートの高さで、ジーキャッシュのプライバシー保護で360度の急なターンを行い、別の飛行機やドローンで尾行されていないことを確認した。

その後、ウォルマートかベストバイで購入したインテル社製のパソコンから計算を開始した。

彼らは、全部で30分を要した計算が完了するまで、より広い空域をカバーするように飛行を続行した。 到着後、彼らはパイロットピーツというレストランで応答ファイルをアップロードした。

乱数発生装置はPowersOfTauにとって価値ある行為である

開発陣は、パワーズオブダウの精神と「仮想通貨の有毒廃棄物」を安全に処分するという使命のもとに、チェルノブイリの遺物に目を向けた。

ジーキャッシュは秘密鍵を有毒廃棄物といい、同社の議定書したがって世間に出ていいものではないとした。ピアース氏は次のように説明した。

「弱い乱数発生装置はセキュリティ悪用の原因になっていた。悪用者はおそらく放射能崩壊のタイミングを予測することはできない。それに、#PowersOfTauのために何か楽しいことをしたかったから、価値ある行為だと思っている」

Github上でソースコードの入手が可能

開発陣は、80年代(ウクライナがまだソ連の一部であった時代)のウクライナのチェルノブイリ核溶解による放射性有毒廃棄物は大気中に放射性物質を漏らしたものの、使命を果たすために最善の方法だったと結論づけた。

このビデオで説明したように、彼らはチェルノブイリ原子炉の炉心に使用されていた減速体からのグラファイトダストのついた布の一部と、現場から回収し、ガンマお​​よびベータのエミッターとして機能するガイガー管を使用した。準備工程にいる開発者らによると

「ライアンはキットのATtiny2313 AVRマイクロコントローラのファームウェアを、マイクロ秒単位で計測したガイガー管パルスの連続的なペア間のタイミング差を利用して、乱数発生装置として機能するように書き直した」

このようにして彼らが作成したソースコードはギットハブで入手できる。

参照元

https://www.ccn.com/zcash-touts-nuclear-waste-fueled-random-number-generator/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう