【リップル(XRP)】アブダビ国立銀行(NBAD)と提携/SWIFTシステム大幅改善の可能性

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【リップル(XRP)】アブダビ国立銀行(NBAD)と提携/SWIFTシステム大幅改善の可能性

アブダビ国立銀行(NBAD)が支払いのためにリップルのプラットフォームを使用すると発表したことで、仮想通貨リップルは本日ブロックチェーン技術に新たな衝撃を与えた。

アラブ首長国連邦最大の貸し手によるこの動きは、リップルのビジネスと国際取引をより迅速かつ無料にする案に対する追い風となるだろう。

最終的にリップル(特にRippleNet)は、SWIFTシステムのように昔ながらの冗長な銀行振込、顧客業務を大幅に改善する可能性がある。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

アブダビ国立銀行「リアルタイム国際送金に大きな可能性」

リップルは、

「今日、アブダビ国立銀行がリップルの作った顧客にリアルタイムの国際送金を提供する手段を中東で最初に採用した銀行になったことを誇りに思います。
リップルを通じて、アブダビ国立銀行の顧客は、地域市場間での取引と国際送金を即座に行うための効率的で安全で信頼性の高いチャンネルを利用することができます。」

とコメントした。

リップルCEOのブラッド・ガーリンハウス氏は次のように述べている。

「銀行とその顧客は、リアルタイムの国際送金を可能にするブロックチェーン技術の信頼性を求めてます。」

2018年はブロックチェーン商業化に向けた大きな年

アブダビ国立銀行のような非常に革新的で成功している一部の銀行は、顧客基盤全体にリップル対応の支払いを提供することでこれを実現している。これにより、2018年はブロックチェーンの世界的な商業化が見込める年になるだろう。

また、GTBビジネスの管理ディレクター兼ビジネス&製品管理責任者でもあるラマナ・クマール氏は次のように述べている。

「アブダビ国立銀行は、提供製品が効率的かつ透明性を確保するよう努めています。ブロックチェーンの技術は、アクセシビリティと透明性によって価値を高めると同時に、お客様へより良いサービスを提供する方法を変革し開拓してくれるものです。アブダビ国立銀行は、リップルを最初に採用した銀行として、また初期採用者として、顧客の支払いニーズに革新的な手段を提供しています。」

ブロックチェーン技術の批判者は、よく実際のアプリケーションの欠如を指摘しますが、リップルの「決済ソリューション」は成長している。

アブダビ国立銀行はアラブ首長国連邦では第2位の金融機関

リップルは以前、タイの最大手銀行のひとつであるKringsri(クリシュリ(アヨダヤPCL)銀行)、Santander(サンタンデール)、MoneyGram(マネーグラム)と提携しており、今回はアブダビ国立銀行との提携を発表している。

リップルはアラブ首長国連邦では特に便利なツールだ。理由としてこの国は、世界で4番目に国際送金が行われているからだ。アブダビ国立銀行はアブダビ首長国では最大の貸し手銀行であり、アラブ首長国連邦では第2位の貸し手である。

アブダビ国立銀行の事業には、小売銀行業務、法人、卸売、投資金融、資金管理、プライベートバンキング、に加えてイスラムの金融、仲介、不動産管理、賃借などがある。

アブダビ国立銀行は、2015年にインドにて地域金融基盤を確立し、それに続きクアラルンプール、香港、中国、韓国に進出して海外に展開している。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

参照元

https://www.express.co.uk/finance/city/914301/cryptocurrency-news-national-bank-abu-dhabi-ripple-transactions

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう