【Amazon】ビットコイン決済導入は検討中/リップルが受け入れられる可能性

▼【国内トップクラス!】低リスクで安定的に資産を増やしたい方におすすめ!全自動で世界水準の資産運用を実現するロボアドバイザー!

【登録無料!】Wealthnavi(ウェルスナビ)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

Amazonがビットコイン決済導入は検討中/リップルが受け入れられる可能性

専門家は、仮想通貨の将来は、オンライン小売業者からの支払いを受け入れられるかどうかにかかってると見解を示した。そしてその兆しはある。

ここ数ヶ月に仮想通貨は順調だが、ビットコイン、イーサリアム、リップルは、いわゆる実態経済にはまだ達していない。いくつかのオンライン小売業者や店を除き、仮想通貨は支払いの手段として受け入れられていない。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

小売業にとって仮想通貨の価格変動はリスク

この理由は、現在仮想通貨が引き起こしている様々な問題が、業界の巨人Amazonに起こるリスクを想像すれば理解できることである。

仮想通貨は不安定なのだ。最近、20~30%の変動は珍しいことではない。従って、導入には小売業者にとって相当なリスクが伴うことになる。

ビットコインの決済スピードも課題

さて、為替取引のビットコイン先物の時代には、先物市場を通じた回避が可能になる。

しかし、これは取引コストと結びつくため、ビットコインに対する手数料が増加することになる。実はそれより重要なことがある、それは取引の速度だ。ビットコインブロックチェーンは現在、1秒当たわずか7取引しかできない。

イーサリアムの場合、この値は約2倍だ。Amazonは昨年、ピーク時には1秒に600取引を実現したと報告したのである。

Amazonの顧客のほんの一部がビットコイン、イーサリアムで支払いをしても、現状の技術では顧客に支払いプロセスが完了するまで、不合理な待ち時間を与えてしまうだろう。

専門家によるとリップルならば実現の可能性が高い

しかし、いわゆる仮想通貨の専門家は、今後、直ぐに解決される小さい問題だと主張している。

既存の通貨のブロックチェーンの改善か、新しいコインの改善がされるであろうと続けた。例えば、リップルは現在1秒1500の取引が可能であり、Amazonの要求を満たすことが可能である。

一番良い事は、大手小売業者が仮想通貨を受け入れだすことだ。

例えば、Amazonがビットコインを支払い方法として受け入れれば、仮想通貨に多くの利益を及ぼすだろう。

Amazonが仮想通貨のドメインを保護

重要な、いわゆる仮想通貨プレーヤーが、この問題に取り組んでいるという明確な証拠がある。Amazonは例えば、仮想通貨に関連するいくつかのドメインを保護しているスターバックスはすぐに仮想通貨を受けれたいと主張しているという。

したがって、ビットコイン等での支払い方法どのようなものになるのかを見てみる価値はあるだろう。

仮想通貨をクレジットカードとして利用する

仮想通貨クレジットカードができる可能性が高いだろう。実際に、これらのクレジットカードは既に利用可能だ。

そのような3つのプロバイダーが最近目立つようになった。スイスの会社Monaco(モナコ)で、最近、2500万ドルを回収したのである。もう1つはシンガポールのTenX(テンエックス)で、ICOで合計8000万ドルを回収した。そして、最後には、現在ICOの中心にあり、仮想通貨クレジットカードの普及を発表しているフランクフルトのSaverodoid(ストアフドロイド)だ。

大手小売業界参入により課題は解決される

仮想通貨クレジットカードは、少なくとも理論的には、オンラインショッピングのために使用することが可能だ。

ただし、取引ごとにユーザーはまず請求金額を現実通貨に換算してから支払いをする必要がある。これにより、支払いが高価で面倒なものになる。

つまり、仮想通貨クレジットカードで買い物をしている人は殆どいないのである。しかし、この問題は、大手小売業者が仮想通貨の支払いを受け入れだすと消え去る問題だろう。そしてこれが受け入れられる時は、新たな支払い方法を一般に普及するサインと言えるだろう。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

参照元

https://www.ccn.com/next-level-cryptocurrencies-will-amazon-accept-bitcoin-payments/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう