【ベネズエラ 】ペトロ(PETRO)がプライベートの先行販売でERC20トークンとなることを発表

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

【ベネズエラ 】ペトロがプライベートの先行販売でERC20トークンとなることを発表

以前報道されたように、ベネズエラはトークン販売を通じてペトロ仮想通貨を発行する予定だ。

ベネズエラの指導者ニコラス・マドゥロは1億のペトロのうち、約3億840万が3月1日に始まる1ヶ月間の先行販売で機関投資家に行くように指示した。

ブルームバーグによると、この先行販売は国が投資家に提供する潜在的なディスカウントを分かりにくくするためプライベートで行われる。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ベネズエラは機関投資家に最大60%の割引を提供

過去の報道によると、ベネズエラは機関投資家に最大60%の割引を提供するとしており、ペトロホワイトペーパーの最終草案では取引はプライベートになるとされている。

1ヶ月間の先行販売後、早期の需要を刺激するため、ペトロは若干の割引価格で一般に販売される。

公共販売では、4,400万のペトロが売却されると見込まれており、先行販売後に開始される。最後の2400万トークンが各約60ドルで売られるまで、500万ペトロごとに4つのレベルで小額の割引が適用される。

その価格はペトロが国の石油備蓄に支えられていることに起因するが、ペトロを原油に交換することはできない。

残りのトークンは、ベネズエラの通貨監督下で保持される。ペトロはプレマイン(仮想通貨を一般に公開する前に開発者が一定量を事前に採掘すること)される予定ではあるが、ホワイトペーパーによれば政府が投資金証明モデルを導入するかもしれない。

ペトロは世界中に大きな影響を与える

国営テレビで、ニコラス・マドゥロは以下のように言った:

「今こそペトロの参入を加速し、私たちが創り出したもの、そして我が国の技術的および知的能力を信じるときである。ペトロは、国のために我々が外貨にどのようにアクセスし、世界中から必要な物資やサービスを入手するかに大きな影響を与えるだろう」

ベネズエラはペトロを税金と手数料の支払いとして受け入れることを保証している。 仮想通貨のホワイトペーパーによるとこれらの取引におけるその価値は、「前日のベネズエラのバスケットのバレルの価格にパーセント割引を加えたものを参考にする」

また、トークンは政府からの補助金や食糧を要求するために使用される州の身分証明書である「父親のカード」に組み込まれるかもしれない。

ERC20トークンとは

仮想通貨の白書は、ペトロがイーサリアムベースのERC20トークンになることを明らかにしている。各ペトロ(チッカー:PTR)は、最小単位が0.00000001 PTRで、メネと呼ばれる1億個のパーツに分割できるようになる。

ペトロがERC-20トークンであるとすれば、イーサーデルタやインデックスのように分散型の交換として登録されることになるかもしれない。ペトロはトークンの売却時に約60ドルの価値があることを考慮すると、ハードキャップが達成されればベネズエラはイーサリアムの時価総額の5%以上である約50億ドルを収集する。

トークンの売却によって調達された資金の大部分(55%)は政府系ファンドとなり、残り15%は他の分野の技術の開発に使用される予定である。ペトロのエコシステムを発展させるためにさらに15%が使用され、最後の5%がペトロの開発のための資金となる。

仮想通貨はベネズエラの星

ベネズエラ政府は途上国や同盟諸国に国有石油生産会社ペトロレオス・デ・ベネズエラを通じて海外でペトロを売り込んでいる。

CCNが報道しているように、ベネズエラは今まで見た中で最も深刻な景気後退の1つに直面しており、現在、国民は政府の失敗から生き残るために仮想通貨を使用している。

過去にはこの分野を厳しく取り締まったが、同国は最近、仮想通貨マイニングに対する姿勢を緩めた。

参照元

https://www.ccn.com/venezuela-reveals-petro-will-erc-20-token-will-private-presale/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう