【zaif】テックビューロ社がジャパンネット銀行と連携/契約書作成プロセス効率化アプリを開発

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

【zaif】テックビューロ社がジャパンネット銀行と連携/契約書作成プロセス効率化アプリを開発

2018年2月6日、フィンテックと仮想通貨ソリューション会社であるテックビューロ株式会社は、日本初のオンライン銀行であるジャパンネット銀行とPoCプロジェクトを発表しました

PoCの主な目的は、契約管理のためのペーパーレスシステムにおいて、ブロックチェーンテクノロジー、ミジンとハイパーレッジャーの実用性を確認することである。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

PoCによって契約書類作成のコスト削減と効率化を実現する

PoCは、契約書作成プロセスにおけるコスト削減と効率化の必要性からスタートした。一般的に契約を正式化する際、合意に達するまでに多数の電子メール、契約ファイルの編集、および紙文書のサインが行われる。

それに対して、このPoCは主にファイルの表示、編集、承認、拒否の過程の非効率さ改善を目指したものである。

PoCプロジェクトは3月30日に完成予定

PoCプロジェクトは2018年2月6日から開始され、2018年3月30日にプロジェクトレビューミーティングで完成する予定

このPoCでは、ジャパンネット銀行はブロックチェーンのアプリケーションを開発し、ハイパーレッジャーを活用しているミジンと富士通リミテッドと提携する

双方のアプリケーションは、契約情報からハッシュデータを生成し、ユーザーの承認と拒否を記録する。ブロックチェーンに障害が発生した場合、システム管理者は他のブロックチェーン上のアクションの履歴を確認でき、このPoCの主な目的である履歴データのセキュリティと高スケーラビリティを実現している。

安全性と使いやすさの観点からテックビューロのミジンが選ばれた

このペーパーレスシステムでは、登録されたデータにアクセスするユーザーに対して、安全なファイルアクセスとストレージが必要である。

ミジンのブロックチェーンは、幅広いアプリケーションへの適合性、国内外からの安全なアクセス、使いやすいバックエンドにより、PoCに選ばれた

ミジンのブロックチェーンは、ハッシュとユーザーの署名も暗号化し、タイムスタンプをトランザクション毎に添付する。タイムスタンプの精度はミジンブロックチェーンのプロトコルにコード化されている。

テックビューロ社のミジンについて

テックビューロ株式会社が開発したミジンは、P2P(自律分散型のネットワークモデルネットワーク上)ブロックチェーンプラットフォームであり、顧客のニーズを満たすように設計されている。そのブロックチェーンは内部もしくはパートナー企業と協力して、クラウドやその他のデータ共有を目的として使用することができる。

ミジンブロックチェ-ンは、従来のインフラストラクチャのコストを削減しながら、高性能、停止時間ゼロ、反証可能性を持つデータの安全な共有環境を構築する。

ミジンは、金融機関、電子マネーシステム、ユーザー認証、土地と資産の登録、物流の追跡、および食品のトレーサビリティにおけるハイスループットレッジャーエンジンとして幅広くテストされている。

テックビューロ株式会社について

日本、米国、ヨーロッパのフィンテックと仮想通貨のグループ会社であるテックビューロ株式会社は、ブロックチェーン技術のためのソフトウェアとサービスを開発している。テックビューロ株式会社はプライベートブロックチェーンソフトウェアであるミジンと仮想通貨の取引所であるZaifを開発した。

さらなる詳細は以下のURLにて:
COMSA – https://comsa.io/en/
Zaif® – https://zaif.jp/
mijin® – http://mijin.io/en/テックビューロ株式会社: フジタ/ pr@techbureau.jp / +81-6-6533-2230

NEM.io財団について

NEM.io財団はシンガポールに本拠を置く非営利団体で、NEMのブロックチェーン技術を世界的に推進するために設立された。現在、NEMは仮想通貨業界で最も組織化され、成功したブロックチェーン技術の1つである。

詳細については、www.nem.ioをご覧ください。

参照元

https://nemflash.io/japans-online-bank-tests-blockchain-technology-mijin-hyperledger/

手数料の安さNo1のzaifがおすすめ

Zaif(ザイフ)

おすすめポイント

  • 取引手数料マイナスボーナス!最大3.36%
  • 大手企業との提携実績多数!
  • XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

Zaif(ザイフ)は、国内でビットコインはじめとして、日本で最も早くXEM(ネム)を扱いはじめた実績ある取引所であり、堀江貴文(ホリエモン)が技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所です。

ビットコインだけでなく、日本発の仮想通貨であるモナーコイン(MONA)など、数多くの仮想通貨を扱っており、Zaif代表の朝山貴生さんはNEM(ネム)の”Director of NEM Japan”に就任し、日本におけるNEMのマーケティングや普及活動の責任者としても活躍されており、信頼できる取引所になっています!

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

公式サイトへ

※Zaifの登録方法がわからない方は「Zaif口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取引手数料マイナスボーナス!年率最大3.6%!

Zaif(ザイフ)は、他の取引所とは違い取引手数料マイナス0.01%を導入しており、取引するほど「ボーナス」が貰える仕組みを取り入れています。

※現在キャンペーン中!取引手数料はマイナス0.05%!

また、1日1回、『Zaif Exchange』に預けられたビットコイン残高(前日)の0.01%が利殖ボーナス(ログインボーナス)として受け取れる「年率最大3.6%の利殖ボーナス」制度も導入しているため、リスクなくビットコインを増やすことができます!

取引回数が多い方には最もおすすめできる取引所になります!

大手企業との提携実績多数!

Zaif(ザイフ)の運営会社であるテックビューロが開発するプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijin」実証実験を、「さくらインターネット」「インフォテリア」「ベルギー アントワープ市」など大手企業・国と提携して進めており、技術力の高さを証明している取引所になります。

XEM・MONAなど仮想通貨の取扱多数!

また、Zaif(ザイフ)は近年数倍~数十倍に価格が高騰したXEM・MONAなど、日本で最も早く取扱いを始めた取引所であり、取引量や対象通貨に関する情報提供力は国内トップクラスを誇る取引所になります!

公式サイトへ

Zaif(ザイフ)トークンの関連記事はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら