PoW(プルーフオブワーク)とPoS(プルーフオブステーク)の違いについて

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

PoW(プルーフオブワーク)とPoS(プルーフオブステーク)の違いについて

仮想通貨の世界に興味を持っている人は、少なくとも部分的には仮想通貨がどのような働きをしているかを考えなければならない。

業界では、PoWとPoSという用語を使用している。特に、仮想通貨の経験が浅い人々には理解し難い単語かもしれない。

PoWとPoSの両方は、イーサリアムやビットコインのような仮想通貨の大成功に責任を負うコンピュータアルゴリズムの使用を必要とする。これらのアルゴリズムは、仮想通貨の世界で定義されている”分散したコンセンサス”に到達させるために使用される。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

PoW(プルーフオブワーク)とは何か

PoWは、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなどの様々な仮想通貨によって使用されるアルゴリズム(方法)で、ブロックチェーン固有のブロックを追加するプロセスで異なるノード間で分散されたコンセンサス(合意)に達する

Hashcash(SHA-256)は、ビットコインで使用されている作業証明関数のことだ。仮想通貨は、ブロックチェーンにブロックを追加するために、非常に複雑で計算上困難な数学的問題を解決するを義務付けられている。

この関数は、相当量の作業が実行されたことを検証するために使用される非常に特殊なタイプのデータを生成する。PoWはビットコインプロトコルに適合する単一のデータを最終的に生成する長い試みとして捉えることができる。このプロセスには多くの時間と労力がかかるが、マイナーは多くの報酬を受けることができる

PoS(プルーフオブステーク)とは何か

PoSは、ノードがコンセンサスに達する代替方法である。PoWの電力エネルギーが多すぎるため、ユーザーが2012年に提案したのである。

近日の多くの研究は、ビットコインのような実証実験ネットワークの管理と運用のための電力コストを、米国の何百万もの家庭の電源供給と比較している。

一方で、PoSははるかに少ないエネルギーしか使用しないため、実証実験よりも環境に優しく使用できるものになる。

PoSでは、各ユーザーが保持する仮想通貨トークンの数は、システム内の重要な要素である。ユーザーが所有するトークンの量が多いほど、システムに違反していない可能性が高くなる。

PoSのブロックは、PoWのブロックとは異なり、抽出されずに作成されるのである。

選択プロセスは、システムがいくつかの要因を分析してから、より大きなシェアを持つ個人が確実に選択された後に有効になるのである。

PoSは、一般的に事前にマイニングされた仮想通貨に適用され、ユーザーはそれにアクセスすることができる。

これは、PoS仮想通貨の全体的なオファーが最初から固定されていることを意味し、ブロックを作成するボーナスはない。これはPoWと同じ条件である。このシステムにとって唯一のインセンティブは、特定のブロックを組み込んだ取引手数料によって表される

PoSは経済的なコンセンサス方法として有用

PoW、PoSの両方には短所と長所がある。コンピュータ科学者や専門家は、ブロックチェーンのコンセンサスに到達するための新しい効率的なソリューションを見つけるために毎日働いている。

PoSはもっとも環境に優しい、もっとも経済的なコンセンサス方法と見なすことができるが、それをさらに良くするための作業はまだ大量にある。

参照元

https://ripplenews.tech/2018/02/06/proof-work-pow-proof-stake-pos-work-differences/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう