【ビットコイン(BTC)】ブロックチェーンの進歩とともに進化する/アメリカ先物取引委員会議長クリストファー・ジャンカルロが発言

▼【国内トップクラス!】低リスクで安定的に資産を増やしたい方におすすめ!全自動で世界水準の資産運用を実現するロボアドバイザー!

【登録無料!】Wealthnavi(ウェルスナビ)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

【ビットコイン(BTC)】ブロックチェーンの進歩とともに進化する/アメリカ先物取引委員会議長クリストファー・ジャンカルロが発言

2つの米国市場規制機関の議長は、仮想通貨規制の可能性についての原稿を作成した。

上院銀行、住宅、都市問題委員会が開催した会議では、ICO、取引所プラットフォーム、デリバティブ及び為替取引を含む仮想通貨およびブロックチェーン技術に関連する広範な規制上の懸念事項に触れられた

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

証券取引委員会がETFはルールを厳格にするべきと説明

ジェイ・クレイトン氏とクリストファー・ジャンカルロ氏の両者は、仮想通貨の規制が大規模な連邦レベルでは無く、州レベルで規制されているという事実に懸念を表明し、現時点で未定義なものを、規制当局の現場市場を監督下におくことを望んでいると述べた。

SEC(証券取引委員会)のジェイ・クレイトン会長は、話題をICOの件に戻した。連邦規制の下で、ICOは証券として分類されるべきでないと指摘した。

また、ETF(上場投資信託)が主に個人投資家をターゲットにしており、主に一方的な市場であるため、先物契約のルールよりも厳格でなければならないと説明した。彼は、それが実現されると、SEC(証券取引委員会)はビットコインETFに対するスタンスを見直すことになるだろうと述べた。

財務省やFRBと連携して法律整備を進めて行く可能性も

一方で、クリストファー・ジャンカルロ会長は、ビットコイン愛好家の心を掴むコメントもした。最初に、彼は議会の聴聞会で”hodl”(売らずに持っておく、ガチホ)という言葉を使用した。その後、彼はビットコインのかげでブロックチェーン技術があるということを主張した。

彼は会議で以下を述べた。

「ビットコイン無しに、ブロックチェーンは無い。これは覚えておく必要がある」

全体として、この会議が、何かに繋がった訳ではないが、新しい仮想通貨規制が米国市場に導入される可能性が高い

クリストファー・ジャンカルロ会長は「米国財務省とFRB(連邦準備制度)の友人達と共に、追加の法律作成を求めるかもしれない」と述べた。

参照元

https://www.ccn.com/sec-cftc-chairmen-stick-to-the-script-during-us-senate-hearing-on-cryptocurrency-regulations/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう