コインベースが手数料を引き下げ/セグウィットのサポートをリリース

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

コインベースが手数料を引き下げ/セグウィットのサポートをリリース

仮想通貨取引所を運営しているコインベースは、顧客の取引手数料を削減し、ネットワーク全体の混雑を減らすために、今後数週間以内にSegWit(セグウィット)のサポートをリリースする予定であることを発表した。

同社は、「当社のエンジニアリングチームがビットコイン用のセグウィットの最終テスト段階を開始し、数週間以内にセグウィット互換のビットコイン送受信が利用できるようになる」とTwitterで発表した。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

セグウィットの利用率は1月下旬から3%低下

CCNによるとセグウィットはビットコインネットワーク上で昨年8月にソフトフォーク経由でアクティブ化された。取引のサイズを小さくすることにより、セグウィットは料金を削減し、Bitcoinブロックの限られたスペースを最適化する

ただしセグウィット互換のウォレットアドレスを使用する場合にのみ、この機能を利用することができる。

ハードウェアウォレットメーカーのTrezor(トレザー)のデータによると、ビットコイン取引の約15%は現在セグウィットを採用しており、1月下旬の約18%から低下している

ここ最近の減少は、従来のセグウィットと互換性のあるアドレスからより低い取引手数料のところに資金を移行するユーザーによるものである。

コインベースなどのいくつかの大企業では実装が遅れているため、スケーリングのアップグレードがもたらすメリットはネットワークにはない場合があることは明確である。

取引手数料の上昇を理由にコインベースが批評を受ける

コインベースやその関連企業は、仮想通貨コミュニティで多くの人々から批判を受けた。なぜなら、議論の余地があるセグウィット2xを支持してはいるが取引手数料の上昇を理由にセグウィットの導入を開始しているからである。

この緊急性の欠如により、コインベースの顧客は激怒した。モバイル補充サービスBitrefill(ビットレフィル)のCEOであるセルゲイ・コティリア氏は、コインベースが停電を経験したのと同時に、未確認のビットコイン取引の数が急激に減少したことを指摘した。コインベースでの取引はネットワーク回線混雑の原因となっていたため、市場競争の激しさを増しBitcoinの取引手数料が上昇した。

新機能の追加は優先度高く取り組まれる課題であると認識

12月のブログ記事では、新機能の追加はエンジニアリングの優先事項リストの第3位であり、顧客の資金確保とピーク時のプラットフォームの安定性の維持という点で批判に応じた。市場のボラティリティの範囲では達成できなかったゴールである。

また次のように述べている。
我々は顧客に代わって数十億ドル相当のビットコインを保管しており、インフラストラクチャへの変更は当社プラットフォームのセキュリティと安定性を目指し綿密な計画と細心の注意の元行われた。

参照元

https://www.ccn.com/coinbase-implement-segwit-next-weeks/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう