グレースケールインベストメンツが新たな仮想通貨ファンドを設立/運用資産は13億1000万ドル

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

グレースケールインベストメンツが新たな仮想通貨ファンドを設立/運用資産は13億1000万ドル

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)などに多額の資産を投資しているGrayscale Investments(グレースケールインベストメンツ)は今日、新しい投資ファンド、「Grayscale Degital Large Cap Fund LLC」の設立を発表した

このファンドは時価総額を考慮したポートフォリオを組んでいるので、時価総額によっては、上位の仮想通貨を保持する可能性がある。仮想通貨投資において信頼できる機関であるGrayscale(グレースケール)は、13億1000万ドルの運用資産を持っている

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

運用対象はビットコイン、イーサリウム、リップルなど時価総額の高いコイン

Grayscale(グレースケール)のCEOであるバリー・シルバードは次のように述べている。

仮想通貨のアセットクラスへの関心が高まるにつれて、Grayscale(グレースケール)製品の世界をさらに広げることができます。信頼できる経験豊富なマネージャーとしてGrayscale(グレースケール)は、機関投資家には馴染みのある投資体制を構築し、この新しいアセットクラスへの安全なアクセスを提供することに全力を注いでいます。

ファンドは、最初にビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)およびライトコイン(LTC)(以下「投資先通貨」)を含む大きな時価総額をもつ仮想通貨の組み合わせに対し投資する

また、フォーク(分裂)、エアードロップ(通貨の配布)やそのような事象によって資金を得て、資産を増やすこともあるだろう。ファンドの投資目的は、ファンドの経費およびその他の負債を控除した、ニューヨーク時間午後4時に各投資先通貨のTradeBlock’s Digital Asset Reference Rate(トレードブロックの仮想通貨資産参考レート)を参照して決定された、投資先通貨の価値を反映するための株式です。

Grayscale(グレースケール)は、仮想通貨の直接投資に比べ、株式は費用対効果の高い便利なものだとしている。詳細は、Grayscale(グレースケール)から確認できるファンドの目論見書を参考にしてください。

ファンドは四半期に一度、ポートフォリオの組み直しを行う

そのファンドは、ルールに基づいたポートフォリオ構築法を用いて、仮想通貨市場の70パーセントのカバー範囲を目指している。Grayscale(グレースケール)によって作られた厳格な基準に基づいて、四半期に一度、新しい仮想通貨含めるか、今ある仮想通貨を外すかして、ポートフォリオをリバランスするだろう。

ファンドは、アメリカに拠点を置くケイマン諸島の有限会社である。それはRegulation D of the Securities Act of 1933(登録義務の免除規定)のなかのRule 501(a)によって「認可された投資家」にのみ株式を発行する。

修正されたRule 506(c) of Regulation D.による規制によって免除されたものにも対応する。株式はGrayscale(グレースケール)にファンドの味方と認定された者のみが購入可能なのである。より情報が欲しい人はinfo@grayscale.co.にアクセスして欲しい。

目論見書にあるように、ファンドでの投資は非常に投機的だ。加えて、ファンドの株式は、制約なしで売却できるまでに1年間かかるので、投資家は最低1年間は流動性リスクと下落リスクを背負わなければならない。この点や他のリスクについては、目論見書をよく読んでほしい。

ファンドは証券取引委員会に登録されておらず、さらに情報開示やアメリカのセキュリティ法によって要求されることもしていない、このプレスリリースには、販売の要求や、司法による保証を受けるためのソリューションは含まれていない。ファンドの株式の販売を要求することは、目論見書に沿って単独で行われている。

Grayscale Investments, LLC(グレースケールインベストメンツ)について

2013年に設立されたGrayscale Investments, LLC(グレースケールインベストメンツ)は、Degital Currency Group,Inc.(デジタルカレンシーグループ)の完全子会社であり、ビットコインやブロックチェーンの会社を、その知見やネットワーク、資金へのアクセスなどを作ることで、設立やサポートをする会社である。

信用のある仮想通貨投資会社であるGrayscale Investments, LLC(グレースケールインベストメンツ)は、マーケットに対する見解や投資のリスクを発展途上の仮想通貨のアセットクラスに提供する。Bitcoin investment Trust(ビットコイン・インベストメントトラスト)、Ethereum Classic Invest Trust(イーサリアム・クラシック・インベストメント・トラスト)、Zcash investment Trust(ジーキャッシュ・インベストメント・トラスト)、DIgital Large Cap Fund(デジタル・ラージ・キャップ・ファンド)のスポンサーである。

Grayscale Investments, LLC(グレースケールインベストメンツ)のニューヨーク本部 はこちら www.grayscale.co

参照元

https://www.marketwatch.com/story/grayscale-investments-announces-launch-of-the-grayscale-digital-large-cap-fund-2018-02-07

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう