【リップル(XRP)】CEOのブラッド・ガーリングハウスがリップルの展望を語る/仮想通貨はまだまだ発展期だと説明

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

【リップル(XRP)】CEOのブラッド・ガーリングハウスがリップルの展望を語る/仮想通貨はまだまだ発展期だと説明

仮想通貨コミュニティの間でリップルの代表ブラッド・ガーリングハウス氏ほどに興奮を引き起こせる存在はほとんどいない。

ブラッド・ガーリングハウス氏は、水曜日にニューヨークで開催されたYahoo財務全市場のサミットの大観客の前で、彼の元上司と、支払いの入り口になるリップルと、そのリップルが61%の株式を保有するデジタルコインXRPのその実績、2017年には元の32,000%成長していたことを主に話した。彼はまた、自分はBTCはロングポジションであることを明らかにした。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

xCurrentは銀行間のリアルタイム取引と決済を可能にする

ブラッド・ガーリングハウス氏はこのフォーラムを利用して、決済テクノロジーのリップルが国境間のリアルタイムeコマース決済用のブロックチェーンを搭載したxCurrentプラットフォームに、No.4決済プロバイダであるLianLian(リャンリャン)が署名したことを発表しました

彼は国際間決済について解説し、リップルのxCurrentができる前は、同日にニューヨークからロンドンに10,000ポンドを送るための最速の方法は、近くのニューアーク空港に向かいそこからお金を飛ばすことだと、ユーモラスに話した。 「xCurrentは、銀行間のリアルタイム取引と決済を可能にする。」と語った。

ブラッド・ガーリングハウス氏は、今日の仮想通貨環境に適用できるドットコム時代の例を挙げ、今日普及している「仮想通貨に関する誤解」について説明した。彼はテレコムで働いた頃に、今はAT&Tの先端に立つ、SBCコミュニケーションズの元事務局長ランダル・スティーブンソン氏を訪問したという思い出を語った。

xRapidはマネーグラムやマーキュリーなどに導入された実績がある

ランダル・スティーブンソン氏は、世紀末に、ブラッド・ガーリングハウス氏に対し、SBCは音声通信にIPを決して使用しないと語った。 「要は、音声によく作用する堅牢なアナログスイッチネットワークを持っていた」ことと、データに投資するということでした。ガーリンハウス氏は、今日、AT&Tには音声ネットワークは存在しないと指摘した。あるのはすべてのVoIPである。

金融でも同じことが起こると思う。私たちに投資されている人はxCurrentを気に入ってますが、xRapid(流動性向上のためのリップル製品)についてはまだ疑心暗鬼です。私はランダル・スティーブンソンのこだまに聞こえます。」と彼はxRapidを徐々に発展する製品と話し、 MoneyGram(マネーグラム)とMercury(マーキュリー)を含む4つの現行ユーザーを指した。 「これはほんの始まりにすぎないだろう」と彼は語った。

全体として、彼は、今週初めにヤフーのようなイベントや規制について展開された議会審問が、仮想通貨業界における成熟の兆候だと考えている。

ブラッド・ガーリングハウス氏は、「今、1997年の頃みたいだ。自分がシリコンバレーの若手社員だったころ、インターネットが誕生したときと似た動きを感じている」と付け加えた。監督当局は、KYLとAMLの規制を確実にするための適切な行動をしている。それには理由があり、取引所がKYCの要件を迂回しようとしている場合、(規制当局は)それに対処する必要があるからだ。

ガーリングハウス氏はBTCをロングポジションでみている

一方、ブラッド・ガーリングハウス氏は個人的にビットコインはロングポジション派であるが、「BTCが全く使われないものになる」とは言わないが、BTCが世界の支払い問題を解決するとも言えないと話した。

XRPはビットコイン取引の1,000倍速く、さらに安価だ。 1杯のコーヒーを買うためにBTCの一部を使うつもりか?取引を完了するまでに数時間かかる。コーヒーが冷えてしまうよ。」と彼は冗談を交えて言った。

ガーリングハウス氏「銀行はリップルに成功してほしいと語っている」

リップルは国際間取引に重点を置く決済会社であり、これはSWIFT(スウィフト)が主にグローバル銀行向けに提供している市場です。ブラッド・ガーリングハウス氏が指摘しているように、少数の銀行だけがSWIFTを支配し、その間に残りの銀行から数十億ドルの利益を引き出す。

ブラッド・ガーリングハウス氏は、「ジェイミー・ディモンがなぜビットコインについてあのように語っているのか尋ねてみるとよい」と述べ、SWIFTトップのシティ、HSBC、チェイスを指摘した。 「彼らは他の銀行から多額の資金を調達している。私たちは銀行と対話をしており、そのうちの99.9%の銀行が、SWIFTはもう懲り懲りでリップルに成功してほしいと話している」と言った。

リップルは他の仮想通貨を競合視していない

結論として、ブラッド・ガーリングハウスは、彼が 「青年期」にとどまっているこの業界についての見解を述べた。

メディアの報道を含めて、彼とリップルにとって業界が成熟することは非常に重要である。一方、彼は他のブロックチェーンのスタートアップを競合他社として見ていない。

インターネットの初期の時代のように、多くの企業がさまざまなな使用例を目指す。 YahooはAmazonと競合していない。インターネットは成長する必要があった。私はすべてのビジネスに発展してほしい。業界の成熟に重要な要素は、報道のすべての側面の成熟だろう。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

 

参照元

https://www.ccn.com/ripple-ceo-brad-garlinghouse-talks-xrp-long-bitcoin/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら