【イーサリウム(ETH)】ポリマスがリップルのテレグラム登録数を超える/セキュリティートークンの強化を実施

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

【イーサリウム(ETH)】ポリマスがリップルのテレグラム登録数を超える/セキュリティートークンの強化を実施

ブロックチェーン上の仮想通貨の根強い問題に対処するため、Polymath(ポリマス)は取引システムをより完璧にすることで基本的な株主市場構造を改革しようとしている

2018年1月13日のPolymath Network Telegram(ポリマスネットワークテレグラム)は最大加入者数が5万人に達し、Ripple Telegram(リップルテレグラム)チャンネルを上回った

同社は、シンプルかつ大胆な計画を持っており、仮想通貨取引における「顧客を知る」(KYC)の必要性に応えている。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

犯罪行為を防げる安全な構造

ポリマスプラットフォームはセキュリティとブロックチェーンとの間のインターフェースを生成している。仮想通貨の世界においてはマネーロンダリングやその他の不正に対する全面的な懸念が残っている。

「トークン保有者」を「株主」と置き換えることでポリマスはSTOS(セキュリティトークンオファリング)の新時代を切り拓こうとしている。

簡単に説明すると、個人の身分証明書は、ICO取引の資格を与えるものになる。プロトコルは仮想通貨アドレスを受け取り、個人情報と照らし合わせる。発行元は仮想通貨分野では馴染みがないKYCを提供することで、購入システムを確立している。

また、詐欺行為を引き起こす匿名性も排除する。有価証券にアクセスして取引できる人物のプロフィールを事前に決定する機能は、プロトコルが匿名による犯罪行為を取り除くことができることを意味する

ポリマスはセキュリティートークンの活用を目的としている

仮想通貨は、セキュリティ問題とぶつかりながらグローバルに動き続けている。ポリマスセキュリティトークンオファリングは、ブロックチェーン上に滞っている数十億ドルの動きを可能にするように設定されている。この団体の本来の目的としては、イーサリアムがアプリトークンに対して行ったようにセキュリティトークンを役立てようとしている

投資家の観点から、ポリマスST-20トークンを使用することはICO投機を排除し、スマートクラブストラクチャーを通して伝統的な設備投資を可能にする。

個人情報を登録し、「スマートコントラクト」を理解し、クラブに参加してみよう。

この合理化されたプロセスにより、口座所有者が行った伝統的な審査プロセスがブロックチェーンに引き継がれる。

規制当局は、仮想通貨分野で個々の取引を識別するルートを持つようになった。彼らのホワイトペーパーで説明されているように、ポリマスプロトコルを採用することは、犯罪意識のある人たちが、識別基準によって取り除かれることを意味する。

購入可能なメンバーのみが許可され、STOを採用しないと取引処理能力はゼロになる。

顔認識のデータベースを活用することでコストの削減を実現する

ポリマスによって強化されたセキュリティトークンの背後には、権威ある投資家の膨大かつ継続的に更新されたデータベースがある。 検証プロセスを経て、世界中の証券会社に口座を開設するのと同じように、トレーダーの顔は登録されており認識可能である。

すべての人がいるブラックリストから「ホワイトリスト」に採用する方式をとることで、このプロトコルは取引を希望する「クラブ会員」だけを認識する。これが 最初に組み込まれたさらなる利点は、プロトコルが高速かつ分散化され、コストを大幅に削減できることです。

自己規制のセキュリティトークンを採用することにより、ポリマスは現在の構造を置き換え、卸売活動として新たなレベルでの完璧な取引を目指している。 「次世代のセキュリティトークンに力を入れて、セキュリティトークン革命を開始する触媒になることを目指している」と同社は述べている。

参照元

https://btcmanager.com/will-ethereum-security-tokens-address-kyc-trading-security-needs/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう