【2018価格予想】ネオ(NEO)は$200に到達する/イーサリウムに比べ開発環境が優れている

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【2018価格予想】ネオ(NEO)は$200に到達する/イーサリウムに比べ開発環境が優れている

すべてのトップランクの仮想通貨は、継続的暴落の打撃を受けている。投資家にとっては、それはひどい混乱である。しかし、大規模な仮想通貨の暴落をものともせず、我々はもともとの設定した2018年のネオの価格予測を変えることはない。理由を説明しよう。

仮想通貨の世界は、一見最期の時を迎えているように見える。仮想通貨バブルはついに崩壊した。投資家は手を挙げて降伏した。移り気な投資家が逃げ出すと共に、仮想通貨の大量流出が起きてる。一方、「大切な人生のために耐える」(HODL)ことを続けている投資家は、心配で眠れなくなっている。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ネオは市場が下降傾向の中、50%以上高騰した

この混乱の中で、ある2つの仮想通貨の所有者は健全な睡眠を楽しんでいるだろう。イーサリアムは、この難局をうまく切り抜けている仮想通貨の1つであり、これに類する中国のネオは、どのトップランクの仮想通貨よりもうまくやっている

ネオは、「中国のイーサリアム」と呼ばれ、トップランクの仮想通貨のうち、最近の暴落の中で著しい成果をあげた唯一の仮想通貨だ。この市場の下落傾向にもかかわらず、この仮想通貨は50%以上高騰している

どのようにネオがこれをやってのけたのかって?答えは簡単だ。次のイーサリアムとしてマーケティングしたのである。

ネオは始まったばかりだが市場から評価されている

投資家はイーサリアムを唯一基礎価値のある仮想通貨として見ていると同時に、イーサリアムのような投資先を求め始めている。

ネオは彼らの検索でヒットし続ける名前の1つだ。 ネオは、有力者に、お金を出しただけの満足を与えることができるかもしれないイーサリアムの代替品であることから、注目を集めている。

ネオはイーサリアムの双子の兄弟である。ネオはイーサリアムとまったく同じ目的のために作られているが、より速く、開発者に優しい技術を兼ね備えている

ネオはまだ開始期にあると言えるが、市場はすでにその可能性を認識し始めている。これがイーサリアムと同じように評価されている理由だ。私はネオとイーサリアムのより精巧な分析を行なった。

イーサリウムは分散型アプリケーションによって成功を納めた

ネオの成功を理解するため、最初にイーサリアムの業績を見直そう。 イーサリアムは分散型アプリケーション(DApps)を作成するためのブロックチェーンプラットフォームである。その独特のモートは、ネットワーク内からの仮想通貨「イーサ」の需要を創出する能力である。

イーサリアムDAppsは、デフォルトでは、取引にイーサを使用しなければならない。したがって、プラットフォーム上で作成されたアプリケーションが多くなればなるほど、イーサの需要がより大きくなる。これが、暴落の間であっても価格が上昇し続けている理由である。

この時点で、あなたは「ネオが単にイーサリアムのクローンなのであれば、なぜ中国はそれを必要とするのか」あるいは「ネオはイーサリアムよりも本当に優れているのか」そして「ネオは長期的な競争を勝ち残ることができるのか」などの疑問で頭が混乱しているかもしれない。

中国には特有の市場文化と規模という強みがある

中国には独自のAmazonとAlibaba(アリババ)、GoogleとBaidu(バイドゥ)、NetflixとiQiyi(アイチイー)などがあることを思い出して欲しい、これにはこのアジアの国が自国の個性を主張したがる傾向にあることが背景にある。

実際には、中国は西洋技術の独自のバージョンを作ることができなければ、それをコピーする

中国市場に特有のものであるにもかかわらず、西洋の技術に対する中国の代替品はほぼすべて、かなりの利益を上げている。

それは、世界の人口の約6分の1が中国に住んでいるからだ。そのため、ネオは、たとえそれが完全に中国中心であっても、13億人以上の住民がいる国でまだ大きな成長の可能性を秘めている

ネオは様々な言語で開発できる技術者に人気になる通貨

ネオがイーサリアムよりも優れているかどうかの疑問に答えるために、2つの重要な特徴を説明しよう。

第1に、ネオはネオコインを所有する報酬として配当金のようなものを支払う。ネオGASと呼ばれる配当金は、取引所で取引される仮想通貨である。一方、イーサリアムは、そのようなインセンティブを提供していない。

第2に、さらに重要なのは、ネオの技術は開発者にとってより使いやすいものだということである。プラットフォームは、複数のプログラミング言語をサポートしている

対照的に、イーサリアムはSolidity(ソリディティ)という1つの言語しかサポートしていない。ゆえに、通常の開発者の多くは、言語を学ばない限り、プラットフォームを使用できないのである。

言い換えれば、ネオとイーサリアムが同時に市場に参入していたら、ネオはイーサリアムより多くの開発者をそのプラットフォームに引きつけることができたかもしれない。

そして、上記したように、より多くのアプリケーションがプラットホームにあればあるほど、そのコインに対する需要も増える。

ネオはレースに遅れてはいるが、より大きな市場に対応できそうであることから、ライバルに追いつくのは簡単である。これがまさに、ネオが競争圧力の中を長期的に生き残ることができるであろう理由だ。

ネオは海外の開発者

ネオは、中国国外の開発者コミュニティに手を伸ばし始めているところである。先週、創立者たちは、最初の開発者会議(DevCon)を開催した。 ネオ DevConへのチケットは売り切れ、会議ホールには熱狂的なファンでいっぱいであった。多くの開発者が自身のアプリケーションを披露したが、それよりも多くの人がネオについて学びに来ていた。

DevConは、サンフランシスコのシリコンバレーの中心で開催され、開発者はお互いに親睦を深めることができた。

DevConsは、開発者が仮想通貨の基盤技術について学べるよい機会である。イーサリアムは開発者が今後のイーサリアム・プロジェクトのために知恵を出し合うDevConsを今のところ3度開催していること(全て完璧に成功)を考えてみて欲しい。

最近開催されたネオのDevConは、この技術を正しい方向に推進させると期待されている。私が見ている限り、ネオは絶好調であり、始動する前のウォーミングアップをしているにすぎない。

2018年は$200まで上がるという価格予想

大勢の投資家が逃げ出しているため、仮想通貨の価格は暴落している。投資家には、安価で仮想通貨を購入する絶好の機会が与えられている。

しかし、この失敗から学ぶべき教訓があるとすれば、すべての仮想通貨にお金を払う価値があるわけではないということだ。投資家は、検討している投資に基礎価値があることを確認しなければならない。

イーサリアムの技術が最高のブロックチェーンとして登場したことには間違いない。 イーサリアムを上回るとして持ち上げられている技術は、投資の選択肢としてすばらしいものかもしれない。

ネオは現在注目に値するブロックチェーン技術だ。 この仮想通貨は初期投資家に投資を倍増させる一生に一度の機会を与えてくれるかもしれない。しかし、投資家は仮想通貨が非常に不安定なものであることを肝に命じなければならない。大きなステップを踏む前に徹底したリサーチをすることが重要だ。

それでもやはり、我々の2018年のネオの200ドルという価格予測に変更はない。

参照元

https://www.profitconfidential.com/cryptocurrency/neo/neo-vs-ethereum-neo-price-forecast/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう