【2018年価格予想】イーサリアムがビットコインの時価総額を上回る可能性/創立者のブリテン氏が新たに資金を投入することを発表

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

【2018年価格予想】イーサリアムがビットコインの時価総額を上回る可能性/創立者のブリテン氏が新たに資金を投入することを発表

イーサリアム愛好家は、ETHの時価総額がビットコインよりも高くなるかもしれないと興奮を募らせている。

一部の人は、「フリップニング」として知られるイベントで、2018年にETHがビットコインを時価総額で抜いて第1位の仮想通貨となると考えている。

「フリップニング」とは「HODL(仮想通貨の長期保持)」と同じで仮想通貨の世界で生まれた特殊な言い回しである。

ウィキペディアによれば、

2017年の中頃、イーサリアムが、市場で最も重要な仮想通貨としての役割を、最終的に引き継ぐという期待が増していた。そして、このようなイベントをフリップニングと呼んだ。

という説明がある。そうなれば、ETHのビットコインに対する相対的な勢いと争いは、「仮想通貨の王様」の称号がビットコインからイーサリアムへとシフトするにつれ、激化するだろう。

私たちは、仮想通貨のフォロワーによって潜在的な動機が軽視されていると考える。そのため、我々はBTCよりもETHを支持し続けるのだ。

イーサリアム価格推移グラフ
(出典: Bitscreener.com)

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

イーサリアムはより早くかつ安価に取引ができる点でビットコインより価値がある

イーサリアムの共同制作者スティーブン・ネレイオフ氏は、今年、フリップニングが起きる可能性を確実に見据えている。

彼がCNBCに語ったように、

イーサリアムには、急速なプロジェクト数の増加が見られる。去年に比べて今年は10倍以上かもしれない、そしてそれは年末には簡単に2倍、もしくは3倍になる可能性がある

スティーブン・ネレイオフ氏は、取引をより迅速かつ安価に処理できることから、時価総額の観点から見て、ETHはビットコインより価値があると考えている

もちろん、彼がイーサリアムの作成に携わったことを考えれば、ネレイオフの意見は少々偏っているはずだ。実際に数字を見てみよう。

通貨価格時価総額市場占有率
ビットコイン7984.27ドル134554311355ドル0.3568
イーサリアム801.14ドル78094654292ドル2071%
リップル075ドル2923243192ドル775%

(出典:http://www.flippening.watch/)

現在、ビットコインが先頭を走り、それにイーサリアムが続いている。リップルは、3位に位置しており、その時価総額はビットコインの約5分の1にすぎない。

いずれかの仮想通貨がビットコインを上回るとしたら、最も可能性があるのは明らかにイーサリアムだ。 しかし、なぜ人々は2018年にビットコインが2位に落ちる魔法の年になると思っているのだろうか?これらの仮想通貨の時価総額のギャップは徐々に縮小しているのだろうか?

BTCとETHの時価総額推移グラフ
(出典: Flippening Watch(フリップニング・ウォッチ))

上記のチャートからわかるように、イーサリアムの評価は急速にビットコインのそれに追いついてきている。

イーサリアムは創業者が熱心な点も成長のポイントになる

私たちは、ビットコインと比較して、イーサリアムのパフォーマンスには、多くの本質的な理由があると考えている。

保証からヘルスケア、エンターテインメントまで、ETHには無限の用途がある。Barclays(バークレイズ)やUBS(ユービーエス)などの大手金融機関はすでにイーサリアムと提携している。

創設者のヴィタリック・ブテリン氏は最近、ネットワーク規模を拡大しようとしており、そのための新たな取り組みに投資すると発表し、多くの興奮をもたらした。

これは、創始者が見えないビットコインとは異なり、イーサリアムには有名で熱心な創業者がいるという利点があることを思い起こさせる。

イーサリアムはスケーラビリティに課題がある

ビットコインとイーサリアムの両方がスケーラビリティの問題に直面している。

夏の間、ブルテン氏はReddit(レディット)ユーザーに対して次のように書いている。「スケーラビリティは最低だ。そのブロックチェーンのデザインは、基本的に個々のノードがネットワーク全体で全ての取引を処理しなければならないという根本的なボトルネックがある

同時期に、これらのネットワーク全体でモルドバ国とほぼ同じ電力量を使用していることが報告された。 Digiconomist(ディジコノミスト)のイーサリアムのエネルギー消費指数によると、エネルギー使用量は過去6ヶ月間にわたって増加し続けている。

イーサリアムの電気消費量グラフ
(出典:イーサリアムのエネルギー消費指数(ベータ)ーDigiconomist(ディジコノミスト)

昨年、イーサリアムは10倍以上の価格上昇をした

イーサリアムにも問題はあるが、製作者が問題を知っていて、それを隠そうとしないのは良い兆候だ。

それはETHをより良くするための適切な段階を踏んでいることを意味している。それに対して、ビットコインでは内輪揉めがみられる。

公に問題に対処することで、人々はイーサリアムのチームに多くの隠し事はないということを、信頼することができる。

イーサリアムのリーダーシップが強ければ、イーサリアムのチームはビットコインよりスケーラビリティの問題を解決する可能性が高いと考えられるだろう。

そのため、仮想通貨のフォロワーはこれを完全に軽視しているかもしれないが、私たちは2018年に「フリップニング」が起きる可能性は高いと考えている。

ETHには明るい未来があるようだ。 イーサリアムがビットコインを凌駕するであろうことを最もよく示唆するのは、昨年の価格上昇だ。 ビットコインは約675%上昇した。そして ETHはその10倍以上に上昇したのだ! それが現在のレートで上昇し続けたら、来年、イーサリアムの投資家は多額の利益を手にするだろう。

ビットコイン価格のグラフ
(出典:Coinbase(コインベース))

イーサリアム価格のグラフ
(出典:Coinbase(コインベース))

イーサリアムは価格の上昇や下落に関わらずビットコインより優れたものになっている

「フリップニング」が起きることは市場にとって何を意味するのだろうか?ETHとそれに投資してきた人にとっては良い結果になるだろう。

1番になった仮想通貨は、メディアからより多くの注目を浴びる(ビットコインがナンバーワンの仮想通貨でなくなった時の見出しを想像してみて欲しい)、そして、投資家からも注目され(したがって、資本流入がますます増加)、開発者の関心も引くだろう。

この場合、ビットコインのエコシステムの投資家と開発者は、市場シェアを失うコインへのコミットメントに疑問を抱く可能性が高い。

結論として、私たちは、投資家は、早ければ今年にでもビットコインを凌駕するイーサリアムの本当の可能性を知っておくべきだと思う。

イーサリアムのコストパフォーマンスは、その盛り上がりとプラットフォームの利用事例が増えるにつれて、上昇時、下落時の両方でビットコインよりも優れたものとなった。

ビットコインとイーサリアムはともにスケーラビリティの課題に直面しているが、私たちは、強力なリーダーシップを踏まえて、イーサリアムのチーム方がこの問題を解決する能力が高いと信頼している

スケーラビリティの問題を解決することで、ビットコインに対するイーサリアムの市場シェアがさらに拡大するだろう。

イーサリアムがビットコインを追い越した時、新しい「仮想通貨の王」への関心が高まると、イーサリアムの勢いはさらに加速すると私たちは考えている。

参照元

https://seekingalpha.com/article/4145132-ethereum-may-overtake-bitcoin-2018?page=4

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう