世界のブロックチェーン特化ファンドたちが見据える仮想通貨の未来

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

世界的な仮想通貨資金の流動性によって、ブロックチェーン投資ファンドは伝統的なベンチャーキャピタルに変化しうる。

それは投資家に流動性を与えつつ、同様に高い利益とリスクを提供する。

JWC Blockchain ventures(JWCプロックチェーンベンチャーズ)のリストにはMetaStable Capital(メタステイブル・キャピタル)、Blockchain Capital(ブロックチェーンキャピタル)、Grayscale(グレースケール),SPiCE VC(スパイスVC)などのベンチャーキャピタルが挙げられている。

サンフランシスコのメタステイブル・キャピタルは長期的な視点で運用を目指すファンド

MetaStable Capital(メタステイブル・キャピタル)とは、サンフランシスコを拠点とするヘッジファンドである。

2014年の終わりから活動を開始し、ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨への投資で有名である。MetaStable Capital(メタステイブル・キャピタル)は、香港のBitfinex(ビットフィネックス)でおきたビットコイン危機の際に、素晴らしい動きをしたことでよく知られている。

ビットコインの価格が20%以上急落し550ドルを下回ったとき、MetaStable(メタステイブル)はビットコインのポジションを倍にした。MetaStable(メタステイブル)の共同創設者であるジョシュ・ザインス氏は以下のように述べる。

市場に時間をかけたり、最新のブロックチェーンの動向を購入するよりも、MetaStable(メタステイブル)は現実世界における様々な仮想通貨の使用事例を注視し、少なくとも十年単位で『最も信頼のおける候補』に懸けることを目的としている。

Blockchain Capital(ブロックチェーンキャピタル)は世界初のブロックチェーン特化のベンチャーキャピタル

Blockchain Capital(ブロックチェーンキャピタル)は、世界で初めて仮想通貨に注目したベンチャーキャピタルの1つであった。

2013年秋にはじまり、過去3年の間で42の企業に投資してきた。そして、このICOで調達した資金はブロックチェーンの開発者やトークンの購入に投資されると報じられている。

それはベンチャーキャピタルとして見られており、ブロックチェーンに対するアプローチを多様化させるだけでなく、独自の投資機会と排他的な投資手段を提供する。

指導者や専門的なパートナーたちのネットワークの発展によって、Blockchain Capital(ブロックチェーン・キャピタル)は、より良く、早く、安価な方法で、低リスクな送金を可能にする優れた方法だと考えられている。

Grayscale(グレースケール)はイーサリアムクラシックの投資信託に注力したファンド

Grayscale(グレースケール)はイーサリアムクラシックの投資信託に力を入れているブロックチェーン技術特化のプライベートファンドである。

開発者は、ETCの価格を監視することで、1つのブロックチェーンプラットフォームで複数のアプリケーションを同時に構築し、分担とコミュニケーションを促進し、ブロックチェーンの価値を高めるためのプロセスを促進することができる。

ブロックチェーンにそのようなデータが記録されても状況は変わらないだろう。

数十年後に大きな影響を与えるような技術が現れた。それはソーシャルメディアではない。ビッグデータでもない。ロボットでもない。AIでさえない。それがビットコインのような仮想通貨の技術であると知ったらあなたは驚くだろう。それはブロックチェーンと呼ばれている。

ドン・タップスコット氏は述べた。

SPiCEVC(スパイスVC)はファンドの組成にブロックチェーンを活用した稀有なファンド

SPiCE(スパイス)はベンチャーキャピタルを組成する際にブロックチェーンを利用し、7~10年というロックアップ期間の制限を取り払うことで、投資者にとってより魅力的なものになっている

SPiCEVC(スパイスVC)は、即日売買可能なデジタルセキュリティトークンを投資者に発行することで、流動性の問題を取り除いている。

このトークンは法的規制に対応したもので、伝統的なベンチャーキャピタルのように投資家に収支総額の100%の権利を保障する。この改革を勢いづけるために、SPiCE(スパイス)は投資家にSPiCEトークンを与えた。

そして、コイン保有者2つの優位点が存在する。トークン保有者はSPiCEトークンを売買することができ、収支総額から持分に比例し配当の権利を得る。これは直接のトークンの買戻しを実行することでも効果を得ることができる。

JWC Blockchain Ventures(JWC ブロックチェーンベンチャーズ)はブロックチェーンを活用するeコマースに注力するファンド

JWC Blockchain Ventures(JWC ブロックチェーンベンチャーズ)の主要な投資目論見書によると、ブロックチェーンを利用したeコマースのベンチャーの開発への投資と協力に注力しており。

この会社はその目的に投資するため、300億ドルの投資資金を集めることに取り組んでいる。そのファンドレイジングはICOにより行われ、これにより伝統的なVCモデルとは対照的に、投資家は流動性のある資産に投資することができるようになるだろう。

JWCの目標はアジア太平洋のeコマースVCにおいて最も活発なラウンドAやICOを行い、そして、大きな飛躍を可能にするための資本、指針、道具を提供するべく、特定の業種にしぼり、アーリーステージのベンチャーを探すことである。

参照元

http://www.prweb.com/releases/2018/01/prweb15103789.htm

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら