エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス (EEA) が加盟団体250を突破/企業導入に向け本格始動

▼【国内トップクラス!】低リスクで安定的に資産を増やしたい方におすすめ!全自動で世界水準の資産運用を実現するロボアドバイザー!

【登録無料!】Wealthnavi(ウェルスナビ)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス (EEA) が加盟団体250を突破/企業導入に向け本格始動

エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス (EEA)は12ヶ月前に設立されて以来、世界最大のオープンソースブロックチェーンを率先するエンタープライズ・イサーリアム・アライアンスは、共通の目標を目指す、フォーチュン500の企業、ブロックチェーン新興企業、教育機関、及び業界の専門家間の結束を築き上げた。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

アライアンス団体はITやヘルスケアをはじめ様々な業界にわたる

専門家は、ブロックチェーン技術を利用してエンタープライズグレードのソフトウェアを定義するイーサリアムプロトコルを学び、構築するために共に結束した。

イーサリアムの成熟度と多目的設計を考慮すれば、アライアンスはプライバシー、拡張性、セキュリティ、性能向上を実現し、大規模なエンタープライズ導入のための主要なソリューションとしてイーサリアム・ブロックチェーンを構築するという使命を担っている

このアライアンスには、初期の著名なメンバー、J.P モルガン、サンタンデール、コンセンシスを筆頭に、財務、IT、ヘルスケア、エネルギーなど、数多くの業種や業態に及ぶメンバーが含まれる。最近のメンバーには、StatusDashCoinvestなどの数々のブロックチェーン関連企業とともに、MicrosoftSamsung SDS、ニューサウスウェールズ大学、MastercardIntelScotiabankBNY Mellon Hewlett Packard Enterpriseなどが含まれる。数えること250を超えるメンバーで構成されていることからも、EEAは、ブロックチェーン技術が一部で信じられているような一時の流行ではなく今後も根強くとどまるものであるという兆候である

世界中の大企業と連携し、エンタープライズでの導入を進めていく

最近専務取締役に任命された ロン・レスニック氏は、200以上のメンバー同盟を率先し、挑戦している。レスニック氏とは元Intelの重役であり、コーネル大学の卒業生である。彼はハイテク企業とそのエコシステムを成長させた25年以上の経験を持つ知的な人物である。

WiMax Forumの元社長兼会長として、彼は大衆に4Gワイヤレスブロードバンド技術を広める役割を果たし、ブロックチェーン技術を大規模な導入に必要なエンタープライズ向けに対応可能な状態にすることに対して信ぴょう性を与えた。

レスニック氏がアライアンスをリードするということは、我々の未来は良い方向に向いているということである。

私の焦点は、イーサリアムベースの技術のベストプラクティス、オープンスタンダード、およびオープンソースのリファレンスアーキテクチャをさらに進化させ、イーサリアムをエンタープライズグレードの技術へと進化させることです。 EEAは、既存企業新興企業両者含め、世界各地の17を超えるベンダーリードな業界固有のアプリケーション層ワーキンググループからの多くの企業を抱えており、エンタープライズでのイーサリアム技術の導入の促進に取り組んでいます。

ロン・レスニック氏は語る。

各業界へ導入するために専門のグループを発足

アライアンスは現在、現状の業界の課題に取り組むためにイーサリアムベースのソリューションを提供することにより、各業界を革新、テスト、教育などの目的を有する10以上の主要ワーキンググループ(WG)から成る。

EEAのメンバーは、ニーズや機会に基づいて、共通の目標を達成するための異なるワーキンググループを作成している。これらにはサプライチェーンWG、スタンダードWG、広告業界WG、銀行WG、通信プロトコルWG、ヘルスケアWG、保険WG、統合WツールWG、定足数WG、法律業界WGなどが含まれる。最近追加された3つのWGは以下のとおりである。

デジタルアイデンティティワーキンググループイーサリアム・ブロックチェーンでのデジタルアイデンティティの役割の研究に焦点を当てたもの

エネルギーワーキンググループエネルギー新政策や使用事例の中でも、鉱業、石油、ガス、太陽光、エネルギー取引、ユーティリティなどでの業界標準を定義し、イーサリアムアプリケーションのインフラの開拓を試みる

マルチプラットフォーム/ワーキンググループ主にイーサリアムプラットフォームを複数の物理ハードウェア、オペレーティングシステム、および最終的にはさまざまなブロックチェーン間の相互運用可能にする必要がある技術の研究及び推進に注力している

エンタープライズ・イーサリアム・アライアンスはイーサリアムの欠陥を改善する

エンタープライズ・イーサリアム・アライアンスは、従う企業数が増えるにつれ一層強くなり、最終的には現在のイーサリアム・プラットフォームの欠陥を改善する

ブロックチェーン技術における恐れ、不確実性、および疑念(FUD)を抱く人のために、アライアンスは、イーサリアムがエンタープライズ利用のプラットフォームとして真に最高のものであるという立場をここに再び断言する。

参照元

https://cryptovest.com/news/enterprise-ethereum-alliance-eea—coming-together-to-disrupt-the-world/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう