【2018年価格予想】アナリストがイーサリアムは今年16万円台に到達すると予想/大きなアップグレードが2つや提携の好調さがポイントに

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

【2018年価格予想】アナリストがイーサリアムは今年16万円台に到達すると予想/大きなアップグレードが2つや提携の好調さがポイントに

最近の仮想通貨価格暴落により、我々のイーサリアムに対する自信が高まった。仮想通貨の大物であるビットコインを含むその他の多くがつまづいた中、イーサリアムは気概を見せた仮想通貨である。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

Zaif(ザイフ)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

仮想通貨の投資家は仮想通貨の将来に関して不安になりつつある

まず、1月に戻ってイーサリアムがどのように仮想通貨の大低迷時に最も見込みのあると低迷相場と戦える通貨として浮上したのかを見てみよう。

最近見られた仮想通貨価格の巨大な値下がりは投資家を驚かせた。仮想通貨に投資をすることはライオンの口に手を入れるのと同じようなものである、という深刻な懸念がある。懸念は正直な気持ちではある。これに対処するために、バラ色の眼鏡をしばらく外してみよう。

ブロックチェーンが歴史に足跡を残す準備の整った、革命的なテクノロジーであることは間違いない。しかし、2018年の仮想通貨の価格暴落は、ブロックチェーンベースの仮想通貨全てに熱狂的な強気な見方が帰する価値はないことを我々に証明した

事実、強気の仮想通貨投資家はやっと目を覚まし始め、ほとんどの仮想通貨は10年後には存在しないことを受け入れ始めている。

投資ファンドのDCGは最終的には仮想通貨の勝者は1つになると予想

最も大きなビットコインファンドであるビットコイン投資信託の販売を始め、現在では5つの仮想通貨会社 (そのトップ2はビットコインとイーサリアム) と共に別の投資ファンドであるGrayscale Digital Large Cap Fundを導入しようとしている会社、Digital Currency Group (DCG) のバリー・シルバート氏の例を見てみよう。

先週のヤフーファイナンスのAll Markets Summitで、シルバート氏は長い目で見ると、デジタル・ゴールドは一つのみになると思います。

プライバシー重視のトークンのみになるでしょう。コントラクトプラットフォームも主に一つだけになると思います、と述べた。(発信元:“All Markets Summit: Crypto,” Yahoo! Finance201827)

一つの主だったコントラクトプラットフォームとシルバート氏が語った際、我々は自動的にイーサリアムに引き寄せられるように感じた。結局のところ、我々が耳にしているその他のスマートコントラクトプラットフォームは、イーサリアム同等イーサリアム競合、またはイーサリアムキラーの噂のあるもののみだ。端的に言うと、これらは全てイーサリアムの二番手に過ぎない。イーサリアムはこのニッチに最初に参入したリーダーであり続ける

ビットコインの値下がりにも影響されず好調な動きを見せるイーサリアム

さて、仮想通貨の価格は歴史的にビットコインとの二人三脚で動いてきた。ほとんどの仮想通貨価格は今でもBTCの観点から表現されている。ビットコインは仮想通貨市場において強力な影響力を持っている。船を浮き上がらせるのは潮であり、一度に座礁させるのも潮なのである。

しかし1月に、ビットコインとその他の仮想通貨がよろめいた際、ビットコインの値下がりとは別に、イーサリアムの価格に少なくとも2つの目立ったポイントが見られた。

1月の大部分と2月の始めに起こった価格の大暴落にも関わらず、イーサリアムは全体的な価格パフォーマンスが好調のままであった数少ない仮想通貨の一つとして浮上した

引用元:TradingView.com

一体全体イーサリアムというこのデジタル通貨の何に投資家が関心を寄せているのか?以下がイーサリアムを一流の仮想通貨に押し上げた3つの際立った特徴である。

大手企業との提携が進んでいるのが好調の大きな要因

まず、イーサリアムが最高の仮想通貨として目立つ最も好都合な理由は、Enterprise Ethereum Allianceを通した実際のビジネスに繋がるパートナーシップである

これまでに500以上の卓越したメンバーが参加しているEEAは、世界中の企業にイーサリアムを推奨することをターゲットにしている。

特筆すべきメンバーには、マイクロソフト (NASDAQ: MSFT)、サムスン、 JPモルガン・チェース社 (NYSE: JPM)、インテル社 (NASDAQ:INTC)、シスコ・システムズ (NASDAQ: CSCO) が含まれている

リップルなど確かに他にも仮想通貨はあるが、実際のビジネスに繋がるパートナーシップを築くなど、イーサリアムが実業界で積み上げた評判に比較できるものはない。

EEAは、初の業務執行取締役、ロン・レスニック氏を迎えた後、つい最近プロモーション活動にさらなる力を入れた。新しい指揮官に導かれ、組織にやっと進むべき会社の方向性が見えてきたというわけだ。

我々は、レスニック氏の統率で、彼が特定したイーサリアムを企業向けのテクノロジーに進化させると言うEEAの最終的な目的により早く到達できるのではと強く信じている。

イーサリアムはこれから2つの大きなアップグレードが控えている

次に、我々を元気付けるアップグレードがこの先2つある。ここではその両方に触れておく。

テクノロジーとなると、イーサリアムに向けられた最もよく言われる批判が2つある。

1つ目は、新しい模倣品のいくつかよりもイーサリアムが遅いという拡張可能性問題である。

イーサリアムプラットフォームは1秒間に約15の取引を処理できる一方、新しいものは同じ時間で100,000まで (場合によってはもっと) 処理できる。

しかし、イーサリアムはこれを解決する為に取り組んでいる。

創設者のヴィタリック・ブテリン氏は最近、イーサリアムの次期バージョンであり、1秒間に何千もの取引を処理できるようスケールを拡大する “Ethereum 2.0 のプレビューを披露した。これはイーサリアムにとって圧倒的な改善点となるだろう。

それから、2つ目の批判はマイナーに報酬を与えるイーサリアムのプルーフオブワークメカニズムに関連している。ビットコインも同じメカニズムを使用している。

しかし結局のところ、このメカニズムは機能不全になってきている。

プルーフオブワークは大きな資本を必要とするマイニングインセンティブである。マイナーは、マイニングビジネスで競争力を保つ為にコンピューターリグに度を越した金額を払わなくてはいけない。

それに取って代わるのは 大雑把に言うとマイナーがどれだけ資金投資できるかによって報酬を与えるプルーフオブステークメカニズムである。これは、現在ではビットコインとイーサリアムをスローにしている、古いプルーフオブワークメカニズムからの合理的な脱却である

さて、イーサリアムのキャスパーアップデートは、イーサリアムをプルーフオブワークからプルーフオブステークネットワークにシフトする。

キャスパーのテストネットは1月の頭に開始された。それが、進行中の暴落にも関わらずイーサリアムの価格が急上昇した時である。マイネットの最終的なアップデートは今年の終わりになる。我々はイーサリアムがテクノロジーの改善に向けて大きな一歩を踏み出すのを、幸運を祈りながら見守っている。

(発信元 : “ETH Breaks $1k As Casper Testnet Launches,” CryptoCurrency Facts201814)

イーサリアムのプラットフォームにはすでに1,050個の分散型アプリケーションが立ち上がっている

最後に、イーサリアムの拡張する生態系こそが他の仮想通貨を引き離すもう一つの理由である。イーサリアムのプラットフォームに建てられているアプリケーションの数は日を追うごとに大きくなっている

今現在、既に1,050の分散型アプリケーション (DApps) がイーサリアム上で立ち上がっている。

アプリケーションはプラットフォーム上での取引量を、そしてその次にETHの価格を押し上げている。これがイーサリアムの取引履歴がどのようにビットコインに匹敵するかである。

アナリストは今年中に16万円に到達すると予想する

イーサリアムの仮想通貨価格暴落を切り抜けた確固たるパフォーマンスは、これが検討に値する最高の仮想通貨の一つであることを証明している。3つの先に述べた理由は、この仮想通貨が上昇傾向にあるという我々の考えを強固にしている。

我々はイーサリアムの価格に関して好意的であり、我々の掲げるETHの価格目標は約16万円である

参照元

https://www.profitconfidential.com/cryptocurrency/ethereum/eth-price-forecast-2018-best-cryptocurrency/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら