【ライトコイン(LTC)】ライトペイとVISAが提携/ライトコインの公式デビットカードを発行

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【ライトコイン(LTC)】ライトペイとVISAが提携/ライトコインの公式デビットカードを発行

ここ数年間にわたり、Bitcoin (ビットコイン) やその他の仮想通貨は、限定的な承認と使用事例の不足から制限を受け、それは、それら仮想通貨を実用的な「通貨」の領域外におしとどめてきた。

しかし、数日後にリリースの迫ったライトペイにより、それはすべて変革しようとしているのかもしれない。

時間がなく全文の記事が読めないけどライトコインを今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ライトペイはVISAカード公式のデビットカードを発行可能にする

2/13のライトペイ社の発表によれば、Litecoin (ライトコイン) の即時決済インフラの公開日を公表した。そして、予想よりも早くリリースされる

ライトペイは、2017年のクリスマスの数日前に最初に公表された。そして、現在、同社のツイッターアカウントからのツイートによると、ライトペイのインフラは2/29に公開されるという。

ライトペイは、事業会社がLitecoin (ライトコイン) の支払いを簡単に受けられるようにし、VISAカードによる公式のLitecoin (ライトコイン) デビットカードの発行を可能にし、「デジタルシルバー」での仮想通貨の取引を瞬時かつ従前よりも楽に行えるようにするという

仮想通貨がクリアすべき課題をライトコインはクリアできる可能性がある

もし成功すれば、ライトペイは、仮想通貨を経済の主流に引き込むことによって仮想通貨に変革をもたらす可能性がある。

一般に、仮想通貨は、最小限の使用事例、不安定なマーケット、投機的な投資、曖昧なホワイトペーパー、様々な取引所における見掛け倒しのインフラによって、その動きが阻まれ、そもそもユーザーにとって使いにくいプロセスがそれによってより一層アクセスしにくいものとなっていた。

仮想通貨の取引がデビットカードやクレジットカードの使用のように真に簡単にならない限り、仮想通貨は経済の主流の外にとどまるだろうと論じられてきた。

Bitcoin (ビットコイン)は、既に、価値を保持する物というより「通貨」として認識されるに至るための、いくつかの重大な障壁をクリアしてきた。

仮想通貨の金本位制を認めてきた多くのベンダーは、長すぎる取引時間と高い取引手数料を理由にそれを止めたが、時間と手数料の問題はいずれもそれほど遠くない将来に解消されるだろう。

かし、Litecoin (ライトコイン) Bitcoin (ビットコイン)の機先を制する可能性がある

ライトペイの成功によりライトコインが時価総額1位になる可能性もある

ライトペイは、ベンダーが即時にLitecoin (ライトコイン) の支払いを承認することを認め、各取引ごとにわずか1%の費用のみでLitecoin (ライトコイン) から法定通貨への即時変換を認めることによって、仮想通貨に伴う不安性を除去する、と主張する

ロンバルディ・フィナンシャル社のリサーチアナリストであるパルワシャ・サーイム氏によれば、ライトペイは、真の「大変革をもたらすもの」となる。同氏は以下のように説明する。

Litecoin (ライトコイン) ユーザーは、Visaに対応したライトペイカードによって、Litecoin (ライトコイン) をドルに、ドルをLitecoin (ライトコイン)に交換することができるようになる。そして、同カードは、すべてのATM、及び、Visaでの支払いを認める店で使用することができる。

ライトペイが成功したら、時価総額で6番目に大きい仮想通貨であるLitecoin (ライトコイン) が一気に1番に躍り出て、仮想通貨を制限している障壁を真に壊し、仮想通貨―反対論者は、その市場を、純粋に投機だけで突き動かされている無意味なものとみなしてきた―が承認され使用される新の時代が到来しうる。

参照元

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう