ライトコインやモネロがダークマーケットで人気に/ビットコインの取引手数料の高騰が原因

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

ライトコインやモネロがダークマーケットで人気に/ビットコインの取引手数料の高騰が原因

最近の調査により、Litecoin(ライトコイン)はダークマーケットにおいて、2番目に利用されている支払い手段であるということが明らかになった。

また、同調査により、英語圏のプラットフォームでは、Monero (モネロ)の採用が著しく増加していることも示された

時間がなく全文の記事が読めないけどライトコインを今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ビットコインの利用者増加により取引手数料が上がったことでアルトコインが使われるようになった

この調査はレコーデッド・フューチャーによって行われ、150の主要なダークウェブのメッセージボード、マーケットプレイス、違法サービスが対象とされた。

これは、bitcoin(ビットコイン)の取引手数料が上がったことを受けて、犯罪の実体が、ビットコインの代わりとなる暗号通貨をどれほど採用したかを確かめるというのが目的だ。

レコーデッド・フューチャーによると、2017年半ば以降の世帯利用者、投資家、企業投資家などの間でbitcoin(ビットコイン)が急激に普及したことで、分散型ネットワークに非常に大きな負担をかけ、その結果取引手数料が上がったということだ。

ダークマーケットではライトコインが2番目に多く利用されている

同研究により、Litecoin(ライトコイン)はダークマーケットにおいて2番目に主要な通貨であるということが明らかとなった。調査で分析されたプラットフォームの、30%LTC(ライトコイン)の支払いシステムが利用されていたということだ。

サイバー犯罪のアンダーグラウンドの仲間が増えており、これは早ければ2016年半ばから、支払い手段としてのbitcoin (ビットコイン)に対する不満が大きくなったことを示していることが分かったと、レコーデッド・フューチャーは主張している。それにもかかわらず、プラットフォームの100%BTC(ビットコイン)の支払いシステムを統合していた。

英語圏のダークマーケットに置けるXMR(モネロ)が人気上昇

同研究により、英語圏のプラットフォームでXMR(モネロ)の人気が顕著に高まっていることが明らかとなった。東ヨーロッパではこのような現象は起こっていないということだ。

英語圏のプラットフォームでは、Monero(モネロ)は2番目に利用されている支払い手段となっていることがわかった。

XMR(モネロ)での支払いはプラットフォームの15%を占めているということだ。LTC (ライトコイン)は英語圏の市場で11%, 3番目に採用されている支払い手段で、そこにDASH(ダッシュ)、 ETH(イーサリアム) が、それぞれ9%で続いている。

東ヨーロッパのプラットフォームでは、 Litecoin(ライトコイン)は2番目に普及している支払い手段で、ダークマーケットの35%LTC(ライトコイン)の支払い手段を利用していた。DASH (ダッシュ)は3番目に多く採用されており、プラットフォームの24%DASH(ダッシュ)での支払いだった。これに、15%BCH(ビットコインキャッシュ)、9%ETH(イーサリアム)、4%ZEC(ジーキャッシュ)、3%でXMR (モネロ)が続いた。

参照元

Report Claims Litecoin is the Second Most Adopted Currency on Dark Marketplaces

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう