【ネム(XEM)】中東や南アフリカに大きく普及する可能性/主要サミットの登壇や業務提携の促進

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

【ネム(XEM)】中東や南アフリカに大きく普及する可能性/主要サミットの登壇や業務提携の促進

仮想通貨の将来は仮想通貨を売買している人やそれに関心を持っている人の数で簡単にわかります。取引の可能性が高くなればなるほど、仮想通貨はより価値が高くなります。

まさにNEM (XEM) のケースはそれと同じです。日本における大規模な市場拡大は、NEM (XEM) を仮想通貨市場のトップ10にまで押し上げました。現在、NEMは世界市場をターゲットとしているため、飛躍的な更なる成長が見込めます。

時間がなく全文の記事が読めないけど今すぐネムという方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「Zaif(ザイフ)」で購入しましょう!(複数登録必須です!)

Zaif(ザイフ)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ネムは2/11~2/22にかけて中東の主要なサミットに登壇する

211日~22日の間に、NEM (XEM) NEMを中東市場に参入することを目的とした、注目の会議を開催します

1回会議は、211日から13日にかけて、シャイフ・ラーシド・アール・マクトゥーム氏、国際通貨基金 (IMF) 理事のクリスティーヌ・ラガルド氏、元アメリカ大統領のバラク・オバマ氏などの高官を対象に開かれます。彼らはNEMに対する世論を変える能力を持つ有力な人物です。

彼らがこの会議を成功させれば、仮想通貨は、特にアラブ首長国連邦 (UAE) の企業によって、広範囲で受け入れられ、その過程で、大きな利益をあげることで、その価値を押し上げることになります

これは、NEMは続いて222日にドバイで開催する別の会議にも参加します。この会議では、イスラムの銀行にのみ焦点を当てて行われます。

イスラムの銀行は、特に石油資源に恵まれて、収益が世界ランキングのトップに入る中東において、大きなビジネスパートナーです。

取引速度の速さや安全性の高い取引といったNEM (XEM) の強みを考えると、222日の会議後に、イスラムの銀行が即座にNEMを受け入れる可能性もあります。これは、仮想通貨の価値を最大限に高める可能性があり、投資家に大きな利益をもたらすでしょう。

南アメリカへの導入促進

NEMは積極的に動いているのは中東だけではなく、南アメリカでも積極的に活動しています。NEM (XEM) は、コロンビアのSynergyCryptoAdviserと提携しています

この提携で、SynergyCryptoAdviseは、南アメリカのすべての投資家と開発者に向けて、XEMの価値についてのアピールをするでしょう。これから数日間で、かつてないXEMの需要を創り出すことが期待されます

Blockchainの関連商品に関しては、南アメリカは比較的大きな未開拓の市場なので、NEM (XEM) の価値が、今後数か月以内に100%を超えるまでに押し上がったとしても、理解することができれば、驚くことはないでしょう。

南アメリカとのつながりは、NEMがデビットカードで使用され、非常に速く、安全に取引を行うために、とても重要です。これは、南アメリカの巨大な送金市場を変える可能性を秘めています

多くの南アメリカ人はアメリカで働き、送金に時間がかかり、時には安全性の低い方法で家にお金を送っています。彼らが家に送金する簡単な方法を見つけることができれば、彼らは一斉にそれを受け入れるでしょう。これが、NEMが秘める大きな価値です。

参照元

NEM (XEM) is the coin to watch in coming weeks

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう