リップルが81円から122円に価格高騰/欧州銀行の規制緩和発言などが後押し

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

リップルが81円から122円に価格高騰/欧州銀行の規制緩和発言などが後押し

2月10日から今日までに、仮想通貨リップルはその市場を回復させたようです。先週一週間でXRP(リップル) / USDのペアは、本日値で81円から122円に上昇しました。これは10%以上の収益につながる高騰です。

とくに、最大手のウエスタンユニオンがリップルシステムとの提携の意向を示したことは、リップル(XRP)価格にもっとも大きな後押しを与えました。同社の最高財務責任者であるラク・アグラヴァル氏は、ウエスタンユニオンが現在テスト中のプロジェクトでブロックチェーン技術の有用性を評価していると述べました。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

欧州銀行が仮想通貨の規制をしないことを明言したことも上昇の後押しに

また、市場が不透明な日が続いた後に、欧州中央銀行が仮想通貨取引禁止への懸念を否定したことも大きな後押しになりました。同銀行のマリオ・ドラギ総裁は、Twitterでいくつかの質問に答え、仮想通貨を規制する責務は同機関にはないと述べました。

しかしそれだけではありません。サウジアラビア通貨庁(SAMA)との試験的な金融協定もリップル(XRP)価格を新たな上昇に向けて推し進めました。この協定により、サウジ銀行はxCurrent(エックス・カーレント)をクロスボーダーペイメントに利用できるようになります。それに向けて、追加のトレーニングやプログラムサポートの環境も準備万端に整います。

リップル社CEOのガーリングハウス氏は上昇相場に自信を持っていると発言

2月6日以降、仮想通貨リップルはその価値の80%以上を回復させました。その結果として、XRP(リップル)は2018年初頭でもっとも実績のあるトークンになっています。リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏は、依然として強いボラティリティが通貨動向を特徴付けているにもかかわらず、継続的かつ新たな上昇相場に自信を持っていると述べました

これは、リップル投資の将来予測は非常に明るいことを意味しています。そして、今日が長期投資を考えて現金を仮想通貨リップルと交換するのに最適な時期なのです。

参照元

Ripple: Positive Surge and New Gains

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう