ライトコインキャッシュの特徴と注意点/専門家は価格は下降線になると予想

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

ライトコインキャッシュの特徴と注意点/専門家は価格は下降線になると予想

ライトコイン所有者は今、岐路に立っています。ビットコインやイーサリアムに続き、ライトコインは切迫したハードフォークに直面しているクリプトカレンシー(暗号通貨)だ。平たく言えば、ライトコインキャッシュと名付けられたクリプトカレンシー(暗号通貨)を創り出すライトコインのブロックチェーンにおけるスプリットです。

ライトコインのスプリット日時は来たる2018年2月18日日曜日に持ち越しとなりました。時流に乗る前の留意事項をいくつか挙げます。

時間がなく全文の記事が読めないけどライトコインを今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ライトコインキャッシュによってビットコインマイナーの活動が活発になる

事実1:ライトコインはライトコインキャッシュ創出のためブロック番号1371111でフォークされる予定です。この執筆時点で目標到達まで1397ブロックが残っています。日曜日の夜までには目標に到達する予定です。ライトコインのハードフォークは2018年2月18日、すなわち前回発表時より早い日時となる可能性が出てきました

事実2:ライトコインキャッシュは10:1の比率を以ってライトコイン所有者に報いるでしょう。簡潔に言えば、フォーク時に私用アドレスに保管しているライトコイン1枚につき、ライトコインキャッシュのコイン10枚を受け取る権利があります

事実3:マイニングの観点から、ライトコインキャッシュはライトコインというよりビットコインにより近いものになります。ライトコインキャッシュはSHA-256というマイニングアルゴリズムの元に造られていますが、これはビットコインと同様です。

対照的にライトコインはスクリプト採掘(マイニング)を使用しています。この2通りの採掘(マイニング)方式は異なるコンピュータ操作が求められます。

ライトコインキャッシュが現在職を失ってしまったビットコイン採掘者(マイナー)のために表面上造られたことに批判の矛先が向きました。ビットコイン採掘(マイニング)は非常に高価で時が経つごとに難易度が上がるものになってしまったのです。

高い電気代やハードウェア代がつく可能性のある大きく中央集権で且つ経済的に潤っている組織はビットコイン採掘(マイニング)に取って代わり、小規模採掘者(マイナー)を排斥しています。ライトコインキャッシュによりこれら小規模採掘者(マイナー)が彼らの錆びついた装備を置き仕事に戻ることができると信じられています。

事実4:ライトコインキャッシュ開発者はライトコインより比較的安く処理することができると主張。

正確な報酬は現段階では不明です。報酬がいくらになるか見極めるためにコインの取引が始まるまで待つ必要がありそうです。

しかし、現段階では既にライトコインが日々の処理においてビットコインよりも安く使え、ライトコインチームが処理料金をさらに下げている段階であるため、長期的に見て、ライトコインキャッシュが今後どれだけライトコインを脅かすのか確かなことはまだ分かりません。

ライトコインキャッシュの取得方法

事実5:ライトコインキャッシュのコインを要求するためには、ライトコインキャッシュウォレットへのプライベートキーの積載が必要です
仕組みはこうだ。フォークに伴い、LTC(ライトコイン)コインの盗難を防ぐため、そのコインを新しいプライベートアドレスへ移行させる必要があります。一旦LTC(ライトコイン)コインが別のアドレスへ全て移動され元のプライベートアドレスが空になった状態で、ライトコインキャッシュをその空になったアドレスへ移し、コインを要求します。

事実6:顕著なクリプトカレンシー(暗号通貨)交換はトレーディングとしてライトコンキャッシュがリストアップされたことを示しています。
開発者たちは口々にそれら行われている交換との対話を行なっていると言いますが、コインをさらに追加するよう彼らを説得しようにも、何か具体的なものが挙がったこともなければそれらが公式に確認されたという事実もないのが現状です。
もしそのようなことが起こるのであれば、その時はライトコインキャッシュがライトコインキャッシュの元にトレードをすることになります。

ライトコイン創設者のリー氏はライトコインキャッシュを注意するように発言

事実7:ライトコインの創設者であるチャーリー・リー氏はライトコインキャッシュに対する投資家に対して注意喚起を行いました。チャーリー・リー氏はライトコインのハードフォークを詐欺と呼んでいます。彼はライトコイン所有者にライトコインキャッシュのウェブサイトやウォレットにプライベートキーを入力しないよう警告しました。

これら詐欺師はこの私のツイートに返信する前に私をブロックしました。ですので私自身彼らのツイートを確認することができません。ツイッターはマシーンラーニングなどを使ってこれら詐欺情報を隠すなどただちに行動に起こさねば、取り返しのつかないことになりかねません。

ライトコインのフォークにかんして私の意見ではありますが、ライトコインキャッシュ・ライトコインプラスなどライトコイン◯◯と付くものはすべてユーザーを惑わせる詐欺だと思っています。
またこれらはビットコインのフォークにも当てはまります。

アナリティスとも序盤は価格は上がらないと予想

ライトコインキャッシュはライトコインの10倍の供給があると見込んでいます。始めのうちは円より断然安い値段でコインをトレードできることは想像に難くありません。我々のライトコインキャッシュに対する展望は、マーケットでのコイン取引が活発になるまでは下降線をたどるというものです。

プロジェクト進行中は合理的かもしれませんが、ハードフォークの背景は真偽がはっきりしないのが実状です。公正な警告を受けて、リサーチに基づく判断を投資家に委ね、私たちはただそれを座って見守るしかありません。

参照元

Litecoin Cash Forecast: 7 Facts to Know Before the Split

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう