【イーサリアム(ETH)】2月5日以降に価格が40%高騰/インフラ整備に100億円超の投資を計画

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【イーサリアム(ETH)】2月5日以降に価格が40%高騰/インフラ整備に100億円超の投資を計画

ブロックチェーンのベテランであり、クリプトカレンシー(暗号通貨)界で2番目に着けるイーサリアムの共同創設者でもあるヴィタリック・ブテリン氏は現実主義者です。

クリプトカレンシー(暗号通貨)は昨年一躍有名になったが、ブテリン氏は負うリスクと受ける恩恵をそれぞれ挙げる。彼はリスクを精査することなしにまるで絵に描いた餅のようなリターンを受けるという間違った幻想を投資家たちに持ってほしくはないのです。しかしその間にも、イーサリアムの価格は2月5日以来40%近くも上昇しています

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ブリテン氏はツイッターを活用して自身の考えを積極的に発信している

ブテリン氏はしばしば彼の演説の場となるほどツイッターに熱心となり、クリプトカレンシー(暗号通貨)による伝統的な投資のメリットを熱く語る一方、それでもそれを行うのは投資家の老後の蓄えが危ういと感じるようになったときのみと限定はしています。
「イーサリアムを含む全クリプト(暗号)コミュニティーはこの警告を常に心に留めておいてください。「仮想通貨などデジタルの世界で何兆円と手にすること」と「実世界で社会のためになる何かを成し遂げること」の違いをきちんと理解する必要があります。」

ブテリン氏は投資にかんする明確なアドバイスは避けましたが、株式や債券が保証が得るのと同等になると述べる。彼のコメントからは、浮上してくる資産クラス上にあるリスクに投資家の目を向けないよう躍起になる取り締まりへの感情が透けて見えます。

そうこうしている間にも、伝統的な資産マネージャーでさえ投資の分散におけるメリットを推すなっています。

資産を守るためなら今までの資産運用の商品の方がいいと発言

ブテリン氏は自らのイーサリアムに関するプロモーションを発信するスレッドをうまく使い、ツイッター上の自らのフォロワーたちを1つにまとめ上げるセンスに長けています。

イーサリアムの断片をブテリン氏が提供した特定のウォレットアドレスへ送信したある一定数のフォロワーたちは報酬として5〜7イーサリアムを手にしています。クリプトカレンシー(暗号通貨)に関するブテリン氏の比較的冷静なコメントで落ち着きを見せていた彼の基盤ですが、この取り組みにより完全に熱気を取り戻しました。

「損失となってもまだ自身で払える額」以上の金額を投資しないよう呼びかけるブテリン氏のアドバイスはこれまでもクリプトカレンシー(暗号通貨)の価格への注意喚起を促すものでした。以前はその価格に対してフラストレーションが溜まっていると表現さえしていたほどです。12月に遡り、彼はツイッター上でこのように述べています。

「リマインダー:クリプトカレンシー(暗号通貨)はまだ新しく揮発性の高い資産クラスで、いつ何時に0まで落ちてしまうかわからないものです。損失が出ても支障が出ない額を超えて投資しないようにしてください。もし老後の蓄えをどこに見出そうか迷っているのなら、伝統的な資産が今のところ一番の安全策です。」

この彼の言動はこれまでにブロックチェーンの先駆者たちがクリプトカレンシー(暗号通貨)を実験とした際に考慮すべき潜在的なリスクについて投資家に警告していたころを思い出させます。

イーサリアムはインフラを整えるために100億円を投資する計画があると発表

ブテリン氏が最近のツイートに対する反応を喚起している間、中には行為的でないものもあるが、彼の役割とその影響力はマーケットの進化において絶大です。焦点もクリプトカレンシー(暗号通貨)の価格からプロジェクトそのものに移りつつあります。

例えば、イーサリアム・ファウンデーションはインフラ助成金プログラム計画として106億円をつぎ込むと発表した。マネーとデジタルコインの認可を経て、イーサリアムコミュニティーファンドを通してインフラ整備や申請書の分散に役立つイーサリアムネットワーク上のプロジェクトを見込んでいます。

その他イニシアチブ内のパートナーとしてはCosmos(コスモス)・OmiseGO(オミセゴー)・Golem(ゴーレム)・Maker(メイカー)・Global Brain and Raiden(ゴールデン・ブレイン・アンド・レイデン)を含みます。OmiseGO(オミセゴー)の創設者である長谷川潤氏はこう言います。

単独の1プロジェクトは産業を席巻する商品を作り出すことが可能ですが、共同で起こすプロジェクトは世界を変える新たな枠組みを創り出すことができます。
また、イーサリアム・ファウンデーションは重役メンバーを入れ替えると発表しました。執行役員のミン・チャン氏は立場を退き、Kraken(クラーケン)社OBの宮口礼子氏が役職につきました。

参照元
https://www.ccn.com/ethereum-founder-buterin-traditional-assets-safest-bet-life-savings/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう