仮想通貨は生活の一部になると期待/イギリスで大規模リサーチを実施

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

仮想通貨は生活の一部になると期待/イギリスで大規模リサーチを実施

ビットコイン・Ripple(リップル)・Ethereum(イーサリアム)やその他デジタル通貨のライバルホストは2017年の終盤以来第1紙面の見出しを独占してきました。

しかし、メインストリーム投資の世界がどれだけ早くイギリスの平凡な貯蓄家や投資家に最終的にこぼれ落ちるテクノロジーや製品に順応するのか、疑問はまだ残ります。

1000名を超えるイギリス住民を対象にした自主調査によると、回答者の大部分は、ビットコインが投資の機会だと提示されたようにクリプトカレンシー(暗号通貨)に対する将来性にいまだ消極的な反応を示しています。なおこの調査はExpress.co.uk by PNLONDON(ピーエヌロンドンによるエクスプレス・コー・ユーケー)とToluna Quick Surveys(トルナ・クイック・サーベイ)を排他的に編纂しています。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

調査のうち4o%以上が将来的には仮想通貨は生活の一部になると回答

ところが、最終的に結果はネガティブなものではなく、この調査において重要な部分はイギリスのハイ・ストリートではこのビットコインのような製品が受け入れられていることが見えたという点です。
1002名の対象者のうち68.86%にあたる690名が主要市中銀行からクリプトカレンシー(暗号通貨)を提示されれば購入しないだろうと答えるという結果でしたが、31.14%にあたる312名はクリプトカレンシー(暗号通貨)の購入に前向きだとの結果が出ました

最近の規制に対する不安や断続的な価格の揮発性は言うまでもなく、サイバー犯罪・マネーロンダリング・ダークウェブなどネガティブな連想を引き起こしかねないこの分野だということを考慮すれば、この確率は高いと言えるでしょう。

回答者がクリプトカレンシー(暗号通貨)が近い将来広く使われていると思うかという質問に対する反応は同様のものでした。すなわち全体の41%にあたる419名がビットコインが「生活の一部となっていると思う」、58%が「そうは思わない」と答える結果となったのです。

クリプトカレンシー(暗号通貨)についてどの要因に対して一番不安を感じるかとの質問に対しては、全体の43%にあたる440名がサイバー犯罪やハッキングなどに対するセキュリティーリスクを挙げ、38%にあたる386名が最近の価格の揮発性を一番の不安に挙げました。政府による規制や禁止事項にかんしては回答者の10%が挙げるという結果に終わりました。

以上の結果を鑑みると、クリプトカレンシー(暗号通貨)のメインストリームに緩やかではありますが一歩一歩いい方向へ進んでいることが証明されました。また全員に受け入れられているとはまだまだ言えませんが、ビットコインやそれに関連するテクノロジーにたいするアレルギー反応はそこまで見られませんでした。

ランジェリーブランドのウルティモもイーサリアムベースの投資商品を発表

肌着類やランジェリーを商品に持つUltimo(ウルティモ)社の創設者バロネス・モーン氏とHouse of Lords(ハウス・オブ・ローズ)社のメンバー陣は先月、Equi Tokens(イクイ・トーキンズ)をベースとするイーサリアムをともなうクリプトカレンシー(暗号通貨)スペースへの参入を発表しました

Equi Tokens(イクイ・トーキンズ)とは、ビットコインと同様の働きをしつつレディー・モーン氏やその他起業家の役員メンバーによって選出されたスタートアップや急成長中のビジネスに支えられたコイン価格を持つベンチャーキャピタル投資商品です。レディー・モーン氏が圧力をかけた現在53円相当のEqui token(イクイ・トーキンズ)はレディー・モーン氏の祖母さえ含む世界中の人々のための投資機会です。

元ITVビジネス特派員のグレン・グッドマン氏がフルタイム投資家となりユニークでエキサイティングなプロジェクトだと表現したビットコインに端を発するプロジェクトを、レディー・モーン氏のパートナーであるダグ・バローマン氏は「人力を動力源とする投資運動」だと表現しました。

グッドマン氏はExpress.co.uk(エクスプレス・コー・ユーケー)に対して、「語弊を恐れずに言うと、こんなに大人びた投資家が主要クリプト(暗号)ベンチャーを立ち上げるというのは、とても珍しいことなんです。これはクリプトカレンシー(暗号通貨)が投資フィールドにおいてとうとう認められ始めたという事実を示しています。」と語りました。

「ドラゴンズ・デン(イギリスで大人気のテレビ番組)」世代の人々にとって、この考え方は顕著に浸透しています。これは、知識の豊富なドラゴンタイプの人々に前もって点検されたミレニアル世代の投資家にとっての保険をともなう新しいクラウドファンディングであり新しいビジネスなのです。

投資の観点から見ると不確定要素がいまだに多いのも事実

今週の初頭、アメリカ銀行界の巨塔であるJP(ジェーピー)モルガンがビットコインについて言及し、緩やかではあるがいかにメインストリームが変化しているか語りました。JP(ジェーピー)モルガンのChase(チェイス)銀行会長であり最高経営責任者であるジェイミー・ディモン氏はビットコインの今後の展望について持論を展開しました。

もしあなたがビットコインを購入するほど馬鹿ならば、その対価をいつか払うことになるでしょう。」

しかしながら、彼の経営する会社の支社ではクライアントに対して、ビットコインをベースとするETF(上場投資信託)はビットコイン所有者や投資家にとって「聖杯」になり得ると話したといいます。

クリプトカレンシー(暗号通貨)がメインストリームに向かっていることを受けて、Warwick(ワーウィック)ビジネススクールで金融における助教授であるダニエル・ビアンキ氏はExpress.co.uk(エクスプレス・コー・ユーケー)に対して、JP(ジェーピー)モルガンの動きはビットコインの標準化へ向けて大きなステップとなるが、投資の観点からみる合法性に関してはいまだ不確定要素をたくさん含んでいると話しています。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

参照元
https://www.express.co.uk/finance/city/919965/Bitcoin-price-ripple-survey-cryptocurrency-ethereum-BTC-to-USD-XRP-news

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう