ライトコインは主要な仮想通貨の1つになる/2月26日にライトペイをリリースと発表

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

ライトコインは主要な仮想通貨の1つになる/2月26日にライトペイをリリースと発表

多くのマニアや超初心者、投機家は概して、コミュニティや市場全体の信用を支える非常に重要な要素である、(時価総額でリストの上位にある)Bitcoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)のような主要仮想通貨の回復の安定性や回復速度のことになると大盛り上がりをします。

時間がなく全文の記事が読めないけどライトコインを今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

主要な仮想通貨と同じ値動きを見せるライトコイン

その特徴のもっとも良い例は、世界時価総額と共にBitcoin(ビットコイン)やそれに続くAltcoin(アルトコイン)が、15兆円から80兆円に急騰したポイントで2017年12月末に急騰した後に起こった史上稀に見る下落です。下落後、コインは軌道に乗りながら、非常に安定した回復パターンを見せています。

それが時価総額で5倍以上の利益を上げる一方で、ほとんどすべてのコインも同様かそれ以上に価値を上げました。非常に具体的に言うと、Litecoin(ライトコイン)は5,000-6,000円をきっぱりと乗り越えるためのもみ合いから、米ドルに対して38,572円の高さに押し上げられました。上述した回復の安定性の特徴は、Bitcoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)のようなLitecoin(ライトコイン)が見せたのと同じタイプでした(Ethereum(イーサリアム)は15,195円から61,525円に下落しましたが、現在は10万円直下で取引されています)。

発行時にはBTC(ビットコイン)は115万円、ETH(イーサリアム)は99,000円でしたが、ETH(イーサリアム)は246%の下落うちの135%を回復し、BTC(ビットコイン)は308%の損失のうちの170%を回復した一方で、今、Litecoin(ライトコイン)の23,058円の現行価値は、BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)と同様の回復量を示しており、仮想通貨の最近の下落後、307%の下落のうちの150%を回復しました。

ライトペイはビットペイを超える存在になれるのか

サンフランシスコを拠点とする支払処理会社ライトペイは、Litecoin(ライトコイン)の創設者であるチャーリー・リー氏が取締役社長として名を連ねている、シンガポールを拠点とするLitecoin(ライトコイン)基金による事業であり、LTC(ライトコイン)を使用した商取引のためライトペイのサービスを立ち上げて、2月26日から運用すると発表しました。

多くの人がこの戦略を信用しています。LTC(ライトコイン)がわずか3日間で17,214円から25,758円に上昇したように、LTC(ライトコイン)の価格がより早く力強く回復するのを後押しするこの戦略を、多くの人が賞賛しています
しかしながら、ライトペイは、世界最大のBitcoin(ビットコイン)支払処理サービスの1つである人気のビットペイに勝負を挑むことを申し出ています。

2014年までに、ビットペイは毎日1億円以上の処理を開始したと報道されており、サブウェイやシアーズ、ギャップ、デル、ホーム・デポなどが挙げられる多くの企業が、ビットペイを使用する商人のポートフォリオを自慢します。Bitcoin(ビットコイン)のこの使用事例は、コインの安定性を助け、主流のコミュニティで尊敬を勝ち取るのに役立っています。

参照元

https://ethereumworldnews.com/litecoin-cemented-position-recovery-strength-parallel-leading-coins/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう