イーサリアム基金が「Geth 1.8 Iceberg(アイスバーグ)」を発表/前バージョンを170箇所改善

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

イーサリアム基金が「Geth 1.8 Iceberg(アイスバーグ)」を発表/前バージョンを170箇所改善

イーサリアム基金は、Ethereum(イーサリアム)クライアント「Geth(Go-ethereum)」のバージョン1.8.0である「Iceberg(アイスバーグ)」をついにリリースすることを公式に発表しました。今回の新バージョンはパフォーマンスを向上するために、かなり前から開発が進められており、合計で170箇所の修正が入りました。最新のアップデートはバージョン1.7.0のリリースから5カ月後に行われます。

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

今回のアップデートでは同期やブロック処理の課題を解決する見通し

十分な知識を持っていない人のために説明しておくと、GethはGoにより実装されたEtereum(イーサリアム)の全ノードを実行するためのコマンドラインインターフェイスです。現在のバージョンに大きな変更が加えられており、GethにはPuppethのDevcon3バージョンが含まれています。さらに、内部ではすぐには目に見えないが、その分の改善を施すために全力が注がれています。

今回のアップデートでは、特定のユーザーの同期やブロック処理に関する問題を解決する試みがなされています。開発チームは、今回のアップデートがGethのリリース後最大のアップデートであり、Geth ver1.7.3で中断したところから再開しようと試みていると主張しています。
Ver1.7.3は、ライトクライアントプロトコルのバージョン2を出荷した最初のアップデートでした。かなりの改善になるはずのものは、全くの大変なことであるこということ分かり、les/2サーバーがライトクライアントの要求の一部を処理してクラッシュしたように、大規模な破損が生じました。開発者はとくにこの側面を改善しました。

Geth v1.8.0のリリース後、報道によると、すべてのライトクライアントは起動から数秒以内にサーバーを見つけることができるようになりました。メインネットへの同期も1分以内に完了するはずです。これらの改善は、ピアを見つけやすくするles/1のサポートをやめることで可能になりました。

Geth v1.8.0はEthereum(イーサリアム)のブロックチェーン上のストレージ問題も解決する

ユーザーの多くは以前、Gethの前バージョンで「停止ピア」のエラーメッセージで高速同期のハングアップが発生していたことを報告していました。この問題は、Ethereumのメインネットが成長するにつれてますます顕著になりました。ハングアップは状態同期が再開した時に発生した競合状態だったので、高速同期機能のこれらのエラー例はほとんどありませんでした。

競合状態を検出するのがいかに困難かを考えると、最終的に高速同期を見つけて改善するために、開発チームは1年以上をかけました。このバージョンでの改善のおかげで、高速同期は再び安定しました。
また、Geth v1.8.0はEthereum(イーサリアム)のブロックチェーン上のストレージ問題を解決します。Ethereum(イーサリアム)のデータは、偽造耐性を暗号的に保証する16次マークルツリーを持つ大規模なトライ木データ構造で構成されています。新しいデータは既存のデータに重ね合わせます。

この改造には十分なディスク容量が使用されて、すでにディスク上に存在するデータを削除するのに費用がかかります。このストレージ問題を解決するために、Geth v1.8.0では最新のトライ木ノードを格納するメモリ内キャッシュが導入されました。
Geth v1.8.0では複数の後続ブロックを最小限のオーバヘッドでトレースする新しいAPIのエンドポイントも導入し、チェーンセグメントを見つけることができるようになりました。また、Discovery v4とv5は同じUDPポート(デフォルトでは30303)を使用するために統合されました。

手動でピア管理を行い、ライトクライアントを使用している人は、v1.8.0のクライアントが以前のように30304番ポートではなく30303番ポートを指していることを確証する必要があるかもしれません。重要なことに、Geth 1.8.0は状態プルーニング(枝刈り)も導入しており、それはGethの前バージョンと後方互換性がありません。変更の完全な概要は、Geth 1.8.0のリリースマイルストーンで確認できます。
Ethereum(イーサリアム)の創業者であるヴィタリック・ブテリン氏も、「@peter_szilagyiや@zsfelfoldiたちはGeth 1.8で素晴らしい仕事をした!」というツイートから明らかなように、新しいGethのリリースに感銘を受けたようです。
出典:https://btcmanager.com/ethereum-client-geth-1-8-iceberg-announced/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう