イーサリアムクラシックが20%の価格高騰/ホルダーにカリスト配布などが原因

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

イーサリアムクラシックが20%の価格高騰/ホルダーにカリスト配布などが原因

CNNの報道によると、反騰は先週から始まっており、ETC高騰から1日も経たないうちに、Barry Silbert氏は、この仮想通貨を無視すべきでないと警告しました。この高騰前のETCは、約24.50ドルで取引されていましたが、2月13日までには32ドルまで上昇しました

時間がなく全文の記事が読めないけどイーサリアム今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所である「GMOコイン」「bitFlyer(ビットフライヤー)」で購入しましょう!(複数取引所登録は必須です!)

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

イーサリウムクラシックはここ数日で価格が20%高騰した

ETCはこの後数日間、この価格を保ち、月曜日に再び上昇を始めました。この日の市場は熱気が無い中、ETCは、他のトップ50通貨を抜いて20%の急騰を見せました
ETC価格は、世界平均価格が、1月15日以来初めて40ドルの壁を破った一方で、執筆時では、ビットフィネックスで38.94ドルを付けました。

ETCの取引量は、仮想通貨取引についての国の規則が導入される以前と同じ位、韓国取引所で集中して増加しています。現在、KRWの組み合わせが全ETC取引量の35%を占めています。

Source: CoinMarketCap

イーサリウムクラシック保有者にカリストの配布が行われる

月曜日の値動きは、近日中に配布予定であるカリストという仮想通貨と関連している模様で、全てのETCホルダーに対し、5500000ブロックをブロックチェーンスナップ時に1:1で配布する予定です。(3月5日頃)
このような配布は、既存の投資家達にとってある種”配当”として機能することから、しばし価格高騰につながります

先週は、開発者たちによって、ライトコインのブロックチェーンフォークでライトコインキャッシュが誕生するというニュースがあり、ライトコインの価格が急騰しました。この高騰は、ライトコイン創設者のチャーリー・リー氏がそのフォークを“詐欺である”と述べたにも関わらず発生しました。
ブロックチェーンスナップショットは2週間後であること、ETC価格が上昇傾向にどっぷり浸かっていることから、投機的な投資家達は、現在、配布直前での記録的な価格での売りを避け、買いを進めているようです。

参照元

Ethereum Classic Price Flirts with All-Time High as Callisto Airdrop Looms

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう